SOU7‐ 躁な体験~双極性障害の私が今「躁転」しかかっている!今を実況する!2日後。

スポンサーリンク
一旦躁転の危機を脱したけれど、まだ精神状態は通常ではない男 ★双極性障害-体験談
一旦躁転の危機を脱したけれど、まだ精神状態は通常ではない男

 

こんにちわ。

双極性障害の吉川です。

 

二日前「躁転」経験をしました。

私にとっても、同じ病気の人にとっても、将来このサイトを見るだろう息子にとっても、

非常に貴重な体験なので短くても出来るだけ連載で残していきたいと思います。

前回「躁転」した瞬間のページはこちらです↓

 

SOU6‐ 躁な体験~双極性障害の私が今「躁転」しかかっている!グラグラする!今を実況する!
双極性障害の患者である私が久々に躁転の危機のど真ん中に居ます。今の危険さをリポートしながら、ギリギリでどうやって防いでいるのか、躁転の瞬間はどういう状況なのかを出来るだけ実況してみます。少しでも同じ経験の人の助けになるよう。辛いです。

 

治まってはいませんが、土日で抑え込むことができました。

平日が来ると心にストレスがかかるのと、外からの情報が入るのでどうなるのかわかりません。

そこは平日に意識が保てたら書きたいと思います。

まずは、前回から2日の土日を挟んだ日曜日の夜の状態を残したいと思います。

 

不安な気持ち

不安な気持ち

 

スポンサーリンク

躁転した最初の土曜日の過ごし方

 

土曜日は起きないようにしました。

前回の上記のリンクサイトを書いてから寝て、

翌日は意地で17時まで寝ました。

 

起きると何を考えるか、何を行動するかわからなかったからです。

 

前日から風邪をひいていることを伝えていたので、家族も特に心配しませんでした。

まぁ風邪では心配してほしいですが・・・と言うのは置いておいて。

 

起きてからも自問自答をしないように心がけました。

 

ずはテレビをつけておく。

普段はダラダラ見てしまうテレビもこういう時は役に立ちます。

どうでもいい情報が自動的にインプットされるので、自問自答する時間がありませんでした。

 

これは、双極性障害だけでなくうつ病だった私の時代も含めて良いテレビの見かただと思います。

 

昔から今も精神疾患を患っていると民放が見れなくなるというのがありましたが、

今は全世帯に悪影響のないように調整された番組ですので民放も良いのだと思います。

むしろニュースもなく、明るい話題が多いので笑えるだけで心が救われました。

 

土曜日は起きて、ご飯を食べて、お風呂に入って、テレビを見て寝ました。

 

17時まで寝ていたのに21時過ぎには眠ることができました。

「躁転」からは土曜日は上手く逃げられたと思います。



躁転した最初の日曜日の過ごし方

 

「躁転」から2日後の日曜日。

この日はさすがに早く起きました。

早いと言っても通常の勤務に行く時と同じ時間に起きただけです。

 

何をして過ごしたか・・・今日の事なのですが思い出せません。

 

私の長い精神疾患の経験から双極性障害やうつ病の薬を飲んでいると、

一種の記憶喪失になります。それだと思います。

 

午後は覚えていますが、午前の事を何一つ憶えていません。

唯一ぼんやり覚えているのはきれいな青い空と太陽でした。

 

午後は、息子におもちゃ屋さんに連れて行ってほしいと言われおもちゃ屋さんへ行きました。

そこでおもちゃをかって帰ってきて夕食です。

 

おもちゃ屋さんにはいろいろな夫婦やカップルが来ています。

いわゆるモールですからね。

今回の私の「躁転」で特にブレーキが利かなくなった部分に「強い性欲」があります。

かわいい・キレイな女性がたくさんいました。

かわいい・キレイに見えてしまったのかもしれません。

 

ヤバいと思いました。

 

私がとった作戦は簡単です。女性を見ないように商品に目を向け、子供に目を向け、女性を避ける事でした。

 

しかし、おもちゃ屋さんでもフィギュアを見るとドキドキしてしまいます。

ワンピースのボアハンコック、ルパン三世の不二子、ドラゴンボールの18号・・・

 

これでも十分強い性欲は刺激されました。

 

気合で目をそらして、現実逃避しました。

まさか、これほどおもちゃ屋さんが怖いものとは・・・

無事に心の爆発をせずに家に帰ってきました。

時間を加速

時間を加速

 

躁転の恐ろしさ回避のまとめ

 

躁転を何度も経験しているから土壇場で止めることができています。

しかし、今後どうなるかはわかりません。

 

ブレーキが壊れてしまってはブレーキをかけることができません。

ブレーキが壊れないように手入れするしかありません。

以前の複数の経験は、恐ろしい事に・・・・

全て「躁転」を完了して大失敗しています。

 

未遂すらありませんでした。

今回は「躁転」を完了させずに普通の状態に落ち着かせることを目的にしています。

だから、ここに書いてアウトプットすることで今の状態を自分自身に明らかにします。

 

今まで躁転が完了して地獄を見たのは数えられる記憶だけで5回はあります。

小さい地獄は多々ありますが、爆裂レベルは5回は覚えています。

躁転した瞬間は非常に気持ちいものです。

 

我慢していたものをスッキリ吐き出したような気分になります。

 

この誘惑に負けないようにするために、ここに記しておきますが、

おそらく「躁転」の瞬間を実況する人はいないでしょう。

今も気を抜いたり、誘惑に力を抜いて誘われれば簡単に躁転が完了します。

 

葛藤が半端ないです。

 

過去5回の大躁転完了を合計すると4000万円ほど無くなっていますし、

女性からの信頼も3回失っています。

仕事も5回変えました。

それほど大躁転完了は恐ろしい事なのです。

 

例えば、今100億円もっていて・・・ならいいでしょうがそうでない人が大躁転完了すると

信じられないほどのダメージが倍返しで帰ってきます。

私は上記の金額・信用・転職などに、いわゆる何もしなければから比べると100倍の労力をかけています。

ムダとは言いません、経験値として得られたものはありますが、

経験値として得られるなんていうレベルの1000倍無駄な経験をしてしまいました。

 

いったい双極性障害の躁転を止めるにはどうすればイイのか?

 

今はリーマス(リチウム)を服用していますし、これ以上の服用は医師に止められています。

出来るだけ安定した生活をしているつもりです。

家族を養うために仕事はしなければなりません。

では、どういうものが寛解(回復のゴール)なのか、わかりません。



 

あらためて双極性障害から寛解をめざす

 

ただ、言えるのは双極性障害は完治はしないと思います。

天才病ですから、生まれる時になるべくしてなった授かりもの、いわゆる先天性だと思うからです。逆に嬉しいとさえ思えることもあります!

 

完治が無いのであれば、抑え込むことに成功した寛解がゴールだと思います。

寛解の私の定義は躁転を簡単に無くならせられる事、すぐ平時の気分に戻る事。

 

これを体得できれば、躁転は普通のちょっとテンションが上がった日くらいになると思うのです。

 

躁転さえ完了させなければ大うつ状態になることが無いので心の波が安定します。

 

ここを目指せるように、今後は自分のサイトですがここで自分に言い聞かせて

双極性障害やうつ病の寛解の手法や極意を見つけていきたいと思います。

前回の記事です↓

SOU6‐ 躁な体験~双極性障害の私が今「躁転」しかかっている!グラグラする!今を実況する!
双極性障害の患者である私が久々に躁転の危機のど真ん中に居ます。今の危険さをリポートしながら、ギリギリでどうやって防いでいるのか、躁転の瞬間はどういう状況なのかを出来るだけ実況してみます。少しでも同じ経験の人の助けになるよう。辛いです。

 

この記事からさらに2日後の記事です↓

SOU8‐ 躁な体験~双極性障害の私が今「躁転」しかかっている!今を実況する!4日後
こんにちわ。 双極性障害の吉川です。 4~5日前に強烈な「躁転」の気配を感じ心がグラグラと揺れました。 自分で思う事と、自分が実行したいことが大きな違いがあり・・・

 

そのほかの私の双極性障害体験・対処法すべての一覧はこちら



タイトルとURLをコピーしました