SOU4‐ 躁な体験~用もないのに量販店には行ってはいけなかった!

スポンサーリンク
浪費して後悔を糧に頑張る男性 ★双極性障害-体験談
浪費して後悔を糧に頑張る男性

 

こんにちわ。

双極性障害の吉川です。

 

明るくフランクに双極性障害の「悲劇と教訓」を連載するSOU。

今回第四話として、用もないのに量販店には行ってはいけなかった!体験談をお伝えします。

 

まぁ、よく言われる衝動買いの一種だと思います。

 

普通にウキウキするのではなく、異様に高まってしまう日が双極性障害にはあります

きっかけはわかりません。

私の場合、気候が影響している気がします。

温度や湿度、あとは季節の匂いと言うのが紐づいて異常ウキウキになるのかもしれません。

 

そんな状況で量販店に買い物に行くと大変な目にあいます。

商店街を歩く人々

商店街を歩く人々

 

スポンサーリンク

大好きな電気店は危険でした

 

電気店にはなるべく足を運ばないようにしています。

なぜなら家電が大好きだからです。

さして必要もないのに欲しくなってしまう事を知っているのです。

 

ただし、躁状態の時はそんなブレーキが利くはずもなく楽しみな電気店に行ってしまいます。

 

もとからハイになっているのに久しぶりの電気店でテンションは高くなってしまいます。

珍しいものはもちろん、昔からある家電で便利機能が付いているものを見ると欲しくなります。

あらゆるコーナーを見て吟味した挙句たくさん買ってしまいます。

 

正直、新技術が無くても家の生活では一切影響はないのですが・・・

その時は、「これがあると凄く便利な生活になる!」と思ってしまうのです

 

過去からの浪費の影響でもともとお金が無いのに数万円買ってしまいます。

足りないときはカードを使ってしまいます!

ヘッドマウントディスプレイをつけた女性

ヘッドマウントディスプレイをつけた女性

大好きなアウトレットは危険でした

 

実は洋服も大好きです。

昔は頑張って少しづつ高価なものを買って集めていました。

一番かっこつけていた20代後半の頃には全身で100万円コーディネートをしていた時がありまいた。

銀座・新宿で良く買い物をしていました。

高級百貨店に行って買い物するのですが、単価が高い。

そして、買い物をした後に荷物を持って電車で家に帰るのがめんどくさい。

これは辛かったです。

 

が!

今は田舎に移り住み車を手に入れました。

そしてちょっと走ればアウトレットがあるではありませんか!

 

15000円で買っていたポロシャツが3000円!

20000円のジーンズが2本で7000円!

などなど、、、アウトレットは季節感を度返しにすれば凄いお買い得です。

安いし、車ですぐ持って帰られる!嬉しいことづくめでした。

 

ただ怖いのは残り在庫は無くなり次第終了と言う事。

展示品限りと言われると、価値がわかる商品の場合「買わなきゃ!」と思ってしまいます。

 

アウトレット内には100近いお店が入っていて、

私が対象とするお店は30ほどはあります。

 

ついついお買い得だと思い購入して数十万になってしまう事が年に1~2度あるのです。

ライトアップされたプラハ城と旧市街の風景

ライトアップされたプラハ城と旧市街の風景



これらの衝動買いは悪なのか

 

私はこれらの衝動買いの本質を理解していれば、悪でもないと思います。

 

そもそも私は趣味がありませんので、年数回の衝動買いでウキウキすることができれば

それはそれでいい事なのかもしれないと思います。

その衝動買い自体が趣味と割り切れる範囲だからです。

 

問題は限度を超えた買い物をすることや、買って後で大きく後悔することです。

ようは明らかに要らないものを買ったような事です。

 

ココのコントロールをしっかりすれば大丈夫な範囲で衝動買いは悪ではないのです。

 

普通の人でも買い物を失敗する事があります。

それと同じようなものです。額が大きくなるだけです。

私の場合、たくさん買った中には今でもとても役に立っているものがたくさんあります。

反面、役に立ってないものもたくさんあります。

 

なるべく、役に立って、欲しいと思えるものを買えるようにコントロールしたいですね。

ショッピングする女性

ショッピングする女性

用もないのに量販店には行ってはいけなかった!まとめ

 

普通の人でも同様ですが、用が無いのに買い物に行くことはやめましょう。

何かは欲しくなってしまいます。

百円単位ならいいでしょうが万円単位になると生活にダメージが出てきます。

 

どうせ行くのなら目的を持っていきましょう。

家族や会社の人に勝ってきてほしいものを聞いて代わりに買いに行くのです。

頼まれたものは買うので案外買った気になります。

買っているときに、ウィンドショッピングも合わせて出来るので楽しいものです。

 

もしくは強く自分に「今日は買わない!見るだけ!」と言い聞かせてから店に入るのです。

自分に言い聞かせるのは私も良く使いますがかなり有効です。

睡眠薬を飲む前にも「知り合いに電話しない!」「ネットで買い物をしない!」と

言い聞かせるようになってからは無くなりました。

 

あとはそれぞれの方法があるでしょうが、双極性障害の場合「躁状態」が問題となっています。

うつ状態は躁状態から比べると問題ではありません。

うつ状態は行動をほとんどしませんから。

うつ状態から躁状態に変わった瞬間「躁転」の時が最も危ないのです。

うつ状態でたまったうっぷんがスッキリとした感じがして、全部叶えたくなってしまします。

 

長い躁状態なら安定していると思うので特に悪い事もなく日々を過ごせばいいですが、

躁転の瞬間だけは特に気を付けてください。

私の長い経験の中でも、躁転で大ダメージを受けていますからね。

 

そのほかの私の双極性障害体験・対処法すべての一覧はこちら



タイトルとURLをコピーしました