SOU11‐ 躁な体験~双極性障害の私が今「躁転」しかかっている!今を実況する!1ヵ月後

スポンサーリンク
躁転を1か月辛抱した私が今の心境を残す ★双極性障害-体験談
躁転を1か月辛抱した私が今の心境を残す

 

こんにちわ。

双極性障害の吉川です。

 

突然の「躁転」からおよそ1ヵ月経ちました。

今どういう状況なのかも残しておかないと記憶が無くなってしまいかねないと思い記します。

 

非常にきわどいな、とは思って毎日生活しています。

 

「怒り」の属性の躁が来ることもあります。

また、

「誘惑」が外から勝手に来ることもあります。

 

これらに対して今自分が「正常」なのか「躁転中の安定期」なのかわかりません。

ですから、行動に移すことも、判断することもやめています。

それが、躁転を抑え込むことにつながるからです。

 

そっとしておいて、「躁転さん」が寝んねしてくれることを願っています。

 

今回は記録と体験談として「怒り」「外からの誘惑」について綴りたいと思います。

寂しさを風で感じる女性

寂しさを風で感じる女性

スポンサーリンク

小さなことにもイライラし、「ブチ切れ」そうになる!

 

情けない事ですが、心の器が躁を抑え込むことで精いっぱいで余裕がありません。

 

会社でも自分以外の社員に対してボコボコにしたいほどの憎しみを抱くことがあります。

これは、確実に病気のせいであることは確かです。

ただ、実行に移していないだけ今までよりはましです。

今までは辞めていましたから・・・

 

ある種この双極性障害やうつ病の人だと共通点があると思いますが、

かなりの真面目で几帳面で一生懸命仕事をします。

 

お恥ずかしながら私もそうです。

 

ただ、一緒に仕事をしている社員が、笑いながら失敗している姿、

「ごめん、ごめん」と当たり前のように難題を押し付ける姿勢はムカつきます。

 

怒りを出さないようにしないといけないので、

私は顔の表情筋がぴくぴく痙攣します。

 

私の前段の仕事で問題をため込んで、最後に丸投げしてくる人にも、

信じられないほどの怒りを覚えます。

脳に冷たい針金を刺したような怒りが湧いてくるのです。

 

私たちとは違って、普通の人はその程度の真面目さで、その程度のレベルなのです。

ハッキリ言って、私や、うつ病で働いている同僚の方が仕事が丁寧で間違いがありません。

本当にミスが無いのです。

でも頑張っても頑張っても普通の人の理不尽に足を引っ張られます。

 



 

私はどうやってその状況を我慢し通せているか?

 

バカげているかもしれませんが、

「神になる」しかありません。

まぁ、軽い気持ちでドラゴンボールの界王神みたいなものです。

 

不完全な人類を作り、それを育てて不完全な世界を作ることが仕事だろうと。

それの中に混ざり、不完全な状態を楽しもうと。

 

こう慣れれば最高なのですが、実際はこうです。

 

蝋人形になります。

実際はやる気ゼロで最低限の仕事だけやって以上終了です。

出来るだけ怒りの火種の環境には居たくはありません。

 

物理的に早く帰ることもします。

休憩を多くとって外に出て空気も吸います。

 

精神的には無になるようにしています。

幸い私の職場ではテレビが常についています。

私の近くなので、テレビの音を聞くことで思考を停止させています。

もしくは難解な仕事に集中して思考を仕事に向けます。

 

まぁ、書いていて気づきましたが、

マジメに仕事をしていたようです。

 

確かに言えることは(実体験ですが)、怒りをあらわにしては負けです。

他人は怒る時は怒った方が良いと言うでしょう。

それは人ごとなのです。

怒るくらいなら、車で歌おう、カラオケで歌おう、ランニングしよう、筋トレしようです。

怒って不利になるのは私の数回の実体験で確定しているので、

治まるまで静かにしておくことが第一です。

 

ちなみに私が怒った数回は、会社を破壊して、私も破壊して、

メガンテをして、全てを崩壊させました。3~4社。

絶対に良くありません。

バンカー・ヒル

バンカー・ヒル

誘惑が外から勝手に来る恐怖、異性に寄られる

 

嬉しい反面、私は既婚者でありまして、どうすることもできません。

ただ、私は双極性障害の「性欲」も強く作用するようで、異性を引き寄せてしまいました。

このタイミングで来るのだから、異常と言えば異常です。

 

1か月前にこの前の記事で書きましたが、女性が私に好意を抱いてもらい、私はそれを防ぎました。

SOU6‐ 躁な体験~双極性障害の私が今「躁転」しかかっている!グラグラする!今を実況する!
双極性障害の患者である私が久々に躁転の危機のど真ん中に居ます。今の危険さをリポートしながら、ギリギリでどうやって防いでいるのか、躁転の瞬間はどういう状況なのかを出来るだけ実況してみます。少しでも同じ経験の人の助けになるよう。辛いです。

 

その時の女性とは別に、全く関係ない女性からアプローチをかけられました!

 

何なんだ!この世はゆがんでいるのか?

 

中途採用で入社した彼女は私の8歳下です。

彼女の直属の上司が私の5歳下なのですが、私も入れて3人で飲もうとなりました。

なんで急に3人なの?とは思いましたが、後輩から言われれば嬉しいものです。

 

3人でおいしい居酒屋で飲みまして、色々話をしていました。

5歳下の男が8歳下の女性に好みの男性を聞いたりしていますが、

次から次と好みのタイプが私なのです。

 

わたし
わたし

んなわけ無いよなぁ~おじさんが酔っぱらうとなさけねー

と思っていたのですが、終わって店から散りました。

全員がお店を中心にバラバラに分かれていく地理環境だったんですね。

5歳下の男は東へ、8歳下の女性は西へ、私は北へ、見たいに別れたのだ。

 

ちょっと離れれば酔っているので相手の事なんてどうでもよくなってますし、

早く帰りたい気持ちが強くなります。

そのタイミングに5歳下の男がなった瞬間でしょうか?

 

8歳下の女性が私のところにきて、二人で飲みなおしましょうって!

たのむよ!俺双極性障害で躁転中なんだから!

 

仕方ない、二人で飲みに行きました。

 

で、結論の一歩前に飛びますと、

「私は秘密を守れる人間だから、関係を持ってほしい」

うお!ど真ん中ストレート投げますね。

 

って、もったいないけどお断りしました。

息子が可愛いので帰りましょうと。

その代わり、仕事の悩みは聞きますからねと。

 



 

今回は前回の経験が活きました。

前回は女性を引きずって・・・やるかやらないか・・・悩んでいましたが、

ムダな思考だと分かったので、今回はスッパリ大人対応しました。

 

独身だったら最高のシチュエーションでしたけどね。

 

前回と今回の女性が逆だったら間違いを犯していたかもしれない。

そのタイミングの恐怖はあります。

しかし、今回は経験で躁転し後悔し大うつになることを事前に防げました。

成長を感じます。

 

こうやって寛解へ向けて躁転を回避するテクニックを付けていくのだろうという道筋を感じることができました。

 

しかしながら、躁転中だと不思議な事に誘惑めいた事が自然と集まってきてしまう。

通常時なら何も刺激のあることが来ないのに。

 

もしかしたら、SFめいた話ですが、

双極性障害の人が躁転を発症したらサイキックのような能力を出してるのかな。

コントロールできないだけで、何かしら空想の世界から物質世界に読んでしまうような。

でも双極性障害の人は天才だとは昔から言われているし、あながち科学で証明されていないだけでそうなのかもしれない。

 

と楽しんで治療している私です。

ふにゃらけたサラリーマン

ふにゃらけたサラリーマン

躁転から1か月の今を実況するまとめ

 

まぁ今まで一度も躁転を止めることができなかった私が、

今のところ浪費も性行為も何も問題を犯さないでいます。

 

それは、このサイトや自分のメモ帳に常にアウトプットしているからだろうと思います。

 

思い出しますし、書いていながらにして解決策が浮かんだりします。

やはり書くことは非常に重要な事なんだと。

ちなみに↓こちら書くことの記事です。

双極性障害解決法:双極性障害で思考が整理できない!情報がまとまらない時はメモを取るべし!
双極性障害になった私は物忘れが多くなった半面、閃きが多くて思考が散乱状態でした。 そんな時にメモを取るようにしたら、とても改善されたのを体験したんです。 自分が自分のために書くメモだから楽しいよ。今はこの天才脳!?をコントロールするのにメモをフル活用しています。

 

ぜひ、書くことを続けて思考の波を物質化してみてみてほしいと思います。

 

人間は失敗する生き物だし、失敗から学ぶことが多いのも事実。

今は過去の失敗を糧に乗り切っていますが、実は小さい失敗をしているかもしれないし、これから大きな失敗をするかもしれない。

 

それは辛い事かもしれないけれど、それもまた長い目で見たら学ぶべきことなのかもしれないし、この世は「必要必然」で成り立っていると思う。

 

失敗は怖いけど、しないようにしたいけど、良い失敗をしたい。

そんな綱渡りな状態を楽しめるようになるのは何歳だろうか。

いや、今楽しまなければもったいないよな!

 

そのほかの私の双極性障害体験・対処法すべての一覧はこちら



タイトルとURLをコピーしました