双極性障害解決法:双極性障害の薬リーマスは太る副作用があると言われているが私はどうか?

スポンサーリンク
リーマスで太るは本当か? ★双極性障害-体験談
リーマスで太るは本当か?

 

こんにちわ。

双極性障害の吉川です。

今回はリーマスを服用すると太ると言われているが本当か?

について私の体験談から考えてみました。

 

双極性障害と診断されてまず渡された薬が「リーマス」でした。

リチウムという純粋な物質を使って作られているらしく、

非常に中毒性の強い薬と言われています。

 

そのため、血液検査で血中濃度を調べて適正な容量を調べながら服用します。

 

中毒が怖いとは言われているのですが、

それとは別にこうも言われています。

「副作用として太る」

 

この点に関して私の服用体験談をお伝えします。

リーマスには太る副作用がないけど食欲が増すということをしっかりと理解してください。

チャーシューと半熟卵がのった味噌ラーメン

チャーシューと半熟卵がのった味噌ラーメン

 

追記:2019/2/12

リーマスを服用して太る原因がわかったかもしれない!

分析した体験談記事を載せておきます。

リーマスは確かに太る その原因はリーマス以外にあった!双極性障害の辛さ発見

 

スポンサーリンク

服用しているとどういう感覚になったか

 

ココが重要なことだと思います。

早くもまとめてきな事になります。

 

リーマスでは太らない。

これが、医学的に言われていることです。

だから、副作用で太ることは無いそうです。

 

が、しかし、私は非常にお腹が減りました。

夜もお腹が減って寝れなくなりました。

 

そのため、深夜食を食べたり、お菓子を食べたりしています。

また、仕事中でもお菓子、もしくはジュースを飲むようになっていました。

 

私はリーマスを飲んでから一気に7kgは増えました。

今もお腹が減っているので食べているため、まだまだ増えるかもしれません。



太ったらどうすればいいか

 

対処が大事だと思います。

 

以上にお腹が減ることで太ったと気づいたのは最近です。

急に間食を止めることもできません。

最低限減らしはしましたが・・・

 

知っていて太っている事と、

知らないで太ってしまうことは、

文字上非常に似ていて、実は別です。

 

ここを理解して対処します。

勉強

勉強

①食べるもののカロリーに注意することが1つ目の対処法

 

お菓子を食べても、外食しても明らかにカロリーにはバラつきがあります。

カップラーメンを例にとると200kcalから600kcalまで幅広くラインナップされています。

ここで200kcalに近いものをチョイスできるかどうかが鍵となります。

 

もちろん食べたい味があるでしょうから、その中で少しでも低いものを選ぶのです。

これだけでも結構変わってきます。

カロリーについては後程お話しします。

 

袋菓子でも、ランチの定職でも上記のような基本的なチョイスで、

ちりも積もって大きな削減につながります。

 

100kcal食べながら削減して、10日たてば1000kcalですし、

1か月で3000kcal~3500kcal摂取するのを減らせるのです。

 

2か月で約7000kcalにもなります。

 

7000kcalと言う数字、ここ重要なので、覚えておいてください。

 

②休日は朝食・昼食を抜く!のが私の2つ目の対処法

 

双極性障害やうつ病で働いている人は、普通の人が働いている事より

何倍も疲れてしまうでしょう。

私も異常なほど疲れます。

 

ですから、この対処法は後付けですが、

土日は昼過ぎまで寝ているという方法です。

 

別の記事を読んでいただければわかると思いますが私は寝るのが大好きです。

双極性障害解決法:私的に病気にも、やはり睡眠が一番大事と思う理由
睡眠は万病を改善するのに必要なことです。ただし、正しい深い睡眠をとっているでしょうか?深い酸いん・良質な睡眠には、整えるべき寝具があります。それを私の体験談からお伝えしたいと思います。 良質な睡眠で活力ある生活をしましょう。

 

長時間寝ていても苦にならないですし、時間がもったいないとも思いません。

だからしっかり寝て疲労を回復させます。

同時に朝食・昼食を抜きます。(抜けます・・・汗)

不健康にならない程度でもちろんお願いします。

 

考えてみると、朝食が300kcal、昼食が700kcalだとして、

土日で朝食・昼食が2度ありますから2日間で2000kcalのカロリーオフになります。

 

1か月で8000kcal~10000kcalを減らすことができるのです。

 

2か月で16000kcal~20000kcalを減らせるのです!

 

それに寝て過ごせば、日ごろの疲れも取れて、

病気の私たちには良い過ごし方とも言えますしね。

心も体も消化器官も休ませましょう。

 

③油をオリーブオイルに変えてみた

 

油は何の油を使ってもカロリーは同じです。

ゴマ油もオリーブオイルもサラダ油も同じカロリーです。

 

しかし、

定着力・吸収力・健康力、そして値段を考えて

オリーブオイルに勝るものはないでしょう。

 

健康な人が好んで食べる料理を調べた研究がありましたが、

地中海料理がもっとも健康になるそうです。

されに何が良いか調べたら、ニンニクとオリーブオイルの組み合わせだそうです。

 

オリーブオイルで健康になることと併せて嬉しいのが、

油をとると満腹になる気になる。

上手く言えませんが、食った気がすると言いましょうか。

ノンフライのラーメンと、こってりラーメンならどっちが食べた気がするか考えれば一発で分かります。

 

私は、どんな料理にもオリーブオイルをかけて食べるようにしています

現にイタリアやスペインの人たちはたっぷり全部の料理にオリーブオイルをかけていますからね。

 

さらに嬉しい事に、逆流性食道炎の緩和にもオリーブオイルは効果的だそうです。

私は、日ごろから気を使いすぎていて逆流性食道炎なので、これにて2度嬉しい体験をしています。

エールを送る女性

エールを送る女性

血液もサラサラになって、血管壁が強くなって嬉しい事ずくめです。

 

カロリーについて調整の成果を考える

 

①の方法で2か月で7000kcal削減しました。

②の方法で2か月で16000kcal削減しました。

併せると23000kcalを2か月で減らした計算になります。

 

ここで、カロリーと太ることのつながりを一言でいうと、

 

7000kcal = 1kg

 

と言うことです。つまり、

 

23000kcal ≒ 3kg

 

と言うことになります。

純粋に食べたいことも、食べたいものもあると思うのでこれの半分として、

1.5kgはダイエットすることができる計算になります。

 

私の場合は、リーマスを飲んで食欲が増し増しになってしまい

60000kcalほど摂取してしまったのでしょう(涙

 

運動なくダイエットするには基礎代謝よりも摂取する量を減らせばいいだけです。

今回の方法は基礎代謝-摂取カロリーではないので厳密ではありません。

 

こういったものの力を借りるのもいいかもしれません。



むしろ、リーマスを服用して食欲が増して増えた体重のメカニズムを考えてみました。

リーマスを服用すると太るという副作用のまとめ

 

リーマスを服用しても、リーマス自体に太らせてしまう副作用はありません。

 

ただし、私の体験談では、リーマスを服用することによって食欲が増した経験があります。

現に今もお腹がすいています。

 

そこで、対処法としては、

①いつもの食事・間食を少しでも低いカロリーにする意識を持つ

②休日は食べないように寝て過ごす

③オリーブオイルで満腹感と健康を得る

 

知らないよりは知っていた方がイイ方法です。

私は、これで体重の増加を止めました。

 

安心してリーマスを服用して治療に専念し、

太ることはリーマスではないことを理解すると良いと思います。

 

まずは、食生活を改めるのが正しいのではないでしょか?

野菜やトマトなどのヘルシー食品

野菜やトマトなどのヘルシー食品

 

リーマスを服用したその後3か月後の記事です↓体重が増えました。

双極性障害解決法:双極性障害の薬リーマス(リチウム)を9か月服用した私の体験談
双極性障害の代表的な薬のリーマス(リチウム)。服用し始めて9か月となりました。今の薬を飲んでみての感想や副作用のような状態の変化を残したいと思いました。基本的にはトータルで見ると双極性障害には良い薬だと思います。



 

追記:2019/2/12

リーマスを服用して太る原因がわかったかもしれない!

分析した体験談記事を載せておきます。

リーマスは確かに太る その原因はリーマス以外にあった!双極性障害の辛さ発見

 

そのほか↓別のリーマス体験談です。

双極性障害解決法:双極性障害のお薬のリーマスは良いよ、私のリーマス体験談
双極性障害で処方される薬の代表となるのがリーマスというリチウムです。私は薬剤師ではないのでリーマスの効果効能はわかりません。が、飲んでいる体験談はありますし、事実です。ぜひ、リーマスを処方され服用を悩まれている人、服用していて副作用で悩まれている人に少しだけ役に立つ体験談を紹介したいと思います。
双極性障害解決法:リーマス(リチウム)の副作用はそれほど怖いものではない・むしろ自立支援医療制度を申し込むべき
リーマス(リチウム)は双極性障害の基本的な処方薬です。効果はとてもあると言われていますが副作用の話がいつも出てきます。私はリーマスを飲んでいますが、副作用は感じられません。だから安心とは言えませんが、私の体験談からリーマスを身近に感じてほしいです。
双極性障害解決法:リーマス(リチウム)を服用して私個人的に便秘になった体験談
双極性障害・うつ病であらゆる薬を飲んでいる人が居る中で便秘で困っている人もいます。私がそうでした。便秘は100害あって1利なしです。徹底的に腸をキレイにして生活することをお勧めします。それが回復への近道であると私は思います。

 

そのほかの私の双極性障害体験・対処法すべての一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました