双極性障害解決法:リーマス(リチウム)の副作用はそれほど怖いものではない・むしろ自立支援医療制度を申し込むべき

スポンサーリンク
リーマスを考えるサラリーマン ★双極性障害-体験談
リーマスを考えるサラリーマン

こんにちわ。

双極性障害の吉川です。

 

リーマスを服用して2か月たちました。

よくリーマスの副作用があると言われていますが、

私の個人的な体験ですとそれほど感じません。

詳しく話します。

より良い場所へ

より良い場所へ

 

 

スポンサーリンク

リーマスを服用して2か月

色々なサイトでリーマス(リチウム)の副作用について書いているのを見ます。

私ももちろん、採血検査をしてリーマスの量の調整をしています。

最初は400mgから始まって、あっという間に800mgに増えました。

で、何が起こったかと言うと、快適になったということです。

別に太ったり、吐き気がしたり等の極めて辛い副作用もありません

むしろ精神的に安定して良かったとさえ思います。

ですから、リーマスを怖がらず、双極性障害であるならば、

主治医の判断でリーマスを処方されたら真面目に飲むことをお勧めします。

ガッツポーズ

ガッツポーズ

リーマスを飲んで副作用かなと思ったこと

良くも悪くも、感情に波が立たなくなってきました

イライラも、落ち込みもなくなった感じです。

これは、もともと双極性障害であって問題となる部分が無くなったと言えば、

とても良い効果だと思います。

もちろん、服用の量や時間もしっかりしての話です。

 

ところが、辛い部分もあります。

それは、感情の起伏が無いのですが、突発的に最強の理不尽が降りかかると、

プッツンとキレて怒りマックスになってしまいます。

これは個人的な感想ですが、リーマスを飲んで感情を押し殺していた部分が

理不尽と言うトリガーで一気にあふれてくるのだと思います。

あくまでも、私個人の感想です。

 

リーマスに関しての類似記事↓です。

双極性障害解決法:双極性障害のお薬のリーマスは良いよ、私のリーマス体験談
双極性障害で処方される薬の代表となるのがリーマスというリチウムです。私は薬剤師ではないのでリーマスの効果効能はわかりません。が、飲んでいる体験談はありますし、事実です。ぜひ、リーマスを処方され服用を悩まれている人、服用していて副作用で悩まれている人に少しだけ役に立つ体験談を紹介したいと思います。

 

ただ、落ち込む事が無くなったことは「うつ病」から「双極性障害」になった

私には嬉しい限りです。

後は「躁」をいかに平たんに過ごすかが大切かなと思います。

 

さて、ーマスの副作用ですが、私個人の感想ですと

「まったく感じない」という結論です。

良いことづくめです。

飲んでよかった。もっと早く飲みたかった。

と、言うのが私の感想です。

 

恐れず、双極性障害の方は服用して寛解へ向かって進んでほしいと思います。

 

ちなみに、私は双極性障害Ⅱ型です。

とても辛い分類です。

ぐったり

ぐったり

自分の容態を考えて行動したこと

リーマスを飲むことで採血検査が必要になります。

これは体の中で限界以上のリチウムを摂取すると中毒になるために測定します。

しかし、病状で少ない量でも寛解しませんから、ギリギリの量を摂取するのです。

それが必要なことですが、採血検査はお金がたくさんかかります

3000円位自費でかかります。

また、リーマスは高価な薬ですし、合わせて別の薬も必要になります。

診察・処方で一回の通院で6000円位かかります。

これは辛い事です。

 

そこで、私は「自立支援医療制度」に申し込みました。

これを申し込むと、指定の医療機関の自費が通常の3割から1割になります。

 

私の場合、6000円なので、これの3分の1の2000円で済みます。

採血検査をしないときには1000円位で足りてしまいます。

 

双極性障害の人はほぼ間違いなく「自立支援医療制度」は採用されますので、

市役所の保健所窓口で必要書類をもらい申請することをお勧めします。

 

とても簡単で、診断書のひな型があるので主治医に出して書いてもらう事。

自分で申請しますって紙を書くことで、あとは市役所に提出するだけ。

 

2か月くらい待つと証書が届きますので、病院に提出すると1割負担の恩恵が得られます。

リスクは診断書を書いてもらうのに4000円かかるくらいです。

誰にもバレません

自信満々

自信満々



リーマスを服用してのまとめ

リーマスには恩恵は有っても副作用は感じられない

個人的な意見ですので、ちょっとは副作用がある人がいるかもしれませんが、

リーマスから得られる恩恵に比べれば微々たるものだと私は感じています。

 

リーマスは採血検査やリーマス自体が高価であることが問題ですが、

自立支援医療制度を申請するとそれも問題ない金額になりますので、

治療に集中することができます。

 

しかし、リーマスを飲んでいるということは精神的にアンバランスであることが言えます。

ですから、精神的なゆとりをとるように努力もしくは工夫をすべきと思います。



私の場合、会社に秘密にしてフルタイムで働いています。

薬が切れるころには、「吐き気」「思考の停止」「イライラ」が出てきます。

しかし、薬を飲むのは食後です。

就業中の夕方が私にとっての関門です。

なるべく、午前から15時までの間に難しい仕事を終わらせて、

15時以降の仕事は段取りを確認して翌日に回すようにしています。

そうもできないときは、あきらめて残業をしっかりするようにしています。

「帰らなければ」と思うと余計に強迫観念に襲われます。

そこで身動きが取れなくなるくらいなら、ゆっくりゆっくり残業をした方が

精神衛生的に安全安心な行動であると私は経験しました。

結果として、翌日の負担が減るので夜は幸せに寝ることができます。

 

もちろん、不眠症なので寝れないことも半分はありますが、

心の軽さが違います。

 

・まずは、言うほど副作用のないリーマスをしっかり飲む。

・自立支援医療制度を申請する。

 

この2点に絞って行動されると、目の前が少しは明るくなると思います。

 

これは、ネットの書き込みなので信ぴょう性はありませんが、

双極性障害の人の障害年収・社会的地位は、

双極性障害ではない人より遥かに上であるのだそうです。

嘘か本当かわかりませんが、自信を持っていいと思います。

自慢ですが!私は年収1000万円の双極性障害の患者です。

年収1000万円は世界の所得者の中で0.1%に入るのだそうです。

 

負けずに、病気と付き合いながら一緒に双極性障害の力を発揮しましょう。

私も、つらくて泣きそうなときがありますが、

なんとか乗り切っています。

 

リーマス飲んで頑張りましょうね。

スッキリした女性

スッキリした女性

 

そのほか↓別のリーマス体験談です。

双極性障害解決法:双極性障害のお薬のリーマスは良いよ、私のリーマス体験談
双極性障害で処方される薬の代表となるのがリーマスというリチウムです。私は薬剤師ではないのでリーマスの効果効能はわかりません。が、飲んでいる体験談はありますし、事実です。ぜひ、リーマスを処方され服用を悩まれている人、服用していて副作用で悩まれている人に少しだけ役に立つ体験談を紹介したいと思います。
双極性障害解決法:双極性障害の薬リーマスは太る副作用があると言われているが私はどうか?
リーマスを服用すると太るという話をよく聞きます。リーマスを長く服用している私の体験談から太るかどうかをお伝えしたいと思います。また、私が一時的に太った時のダイエットの対処法もお伝えします。
双極性障害解決法:リーマス(リチウム)を服用して私個人的に便秘になった体験談
双極性障害・うつ病であらゆる薬を飲んでいる人が居る中で便秘で困っている人もいます。私がそうでした。便秘は100害あって1利なしです。徹底的に腸をキレイにして生活することをお勧めします。それが回復への近道であると私は思います。

 

そのほかの私の双極性障害体験・対処法すべての一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました