双極性障害解決法:双極性障害の場合、他人には興味を持たないほうが早く良くなる理由

スポンサーリンク
周りに気を使いすぎて心が疲れ切ってしまった女性の悲鳴 ★双極性障害-対処法
周りに気を使いすぎて心が疲れ切ってしまった女性の悲鳴

 

こんにちわ。

双極性障害でフルタイムで働いている吉川です。

 

今回は、

双極性障害の人の場合、他の人に興味を持たないほうが回復が早い

という事について私の体験談からお伝えします。

 

悪い意味ではありませんよ。

あなたの心を守り、回復を早めるための方法ですから。

 

双極性障害やうつ病の精神疾患の人は私も含め、「共感性」が非常に強いものです。

だからこそ、この「共感性」を普通の人並に減らして心の波を穏やかにするのです。

では、私の体験談から、今の私の穏やかさをお伝えします。

 

その他、私の多数の体験談は↓こちらから全て見れます。

私の双極性障害体験談-すべての一覧

スポンサーリンク

共感性はなぜか双極性障害やうつ病の人にダメージになる

 

あなたは、

イライラしている家族が居るとイライラしませんか?

会社で誰かが怒られていると辛い気持ちになりませんか?

サッカー日本代表が負けたら立てなくなるほど落ち込みませんか?

 

コレって、共感性が影響しています。きっと。

人の感情は「波」ですから伝わってきて共鳴するのです。

 

分かりやすいのが音叉(おんさ)。

音叉(おんさ)

音叉(おんさ)

 

片方をカーンと鳴らすと、もう片方も同じ音で反響するものです。

普通は人間もそうですが、ある一定の波長としか反響しません。

 

ところが双極性障害の人やうつ病の人はいろいろな波長に反響します。

だから、たくさんの人の感情を自分の事のように受け止めダメージを受けて強います。

 

これが良くないのです。少なくとも私の治療の経験では。

 

もっと良くないのが、良い事の反響を止めてしまう事。

 

はて?悪い事は反響し、良い事は反響しないと?!

 

どうやら私の場合、大抵の人はそうですが、

良い事があると、

「そんな良い事がある訳ないだろ!?」

「心がうつつを抜かしているから静まらせなければ!」

と残念ながら自制してしまうのです。

 

たしかに。調子にのってはいけないと思ってしまうよね。

 

これは、人間が学習できるからのなせる業で、だから反映したのだと思います。

だからこそ防げない。

 

なら、否定的な部分の反響を防いでみればいいではないか?

と言うのが、私のスタートでした。

心の波長

心の波長

どうやって周囲の否定的な事を防いだか?

 

悪い意味ではありません。

 

言います。

 

自分以外に興味を持たないでください。

自分に害のある人を助ける必要はありません。

 

悪い意味ではありません。

これほどの覚悟を持てば否定的な周波数を受信することはありません。

 

なぜ、このような冷たい事を進めるのか・・・

 

ひどいことだよー!理由は?

 

絶対そうなんですが、

双極性障害やうつ病の人は「優しい」「マジメ」です。

 

だから、このくらい考えたって普通の人よりも、

まだまだまだまだ、優しくマジメです。

 

優しさ1000ポイント優しさ500ポイント

に下げるだけです。

 

ちなみに普通の人はやさしさ50ポイントくらいです。

 

それでも心のダメージは「半分になるのです」!!!

 

という事は「回復への時間が半分になるのです」!!!

生きるのも2倍楽になるのです。

 

と思えば良いと思いませんか?

 

あなたは誰の人生を生きているのでしょうか?

同僚でしょうか?芸能人でしょうか?小説の主人公でしょうか?

 

いや、違います!

 

あなたはあなたの人生を生きているのです!

 

そこは、しっかり胸に刻んでくださいね。

 

ただ、最初に言いましたが悪い意味ではありません。

本当に辛い思いをしている人を助けると幸せな気持ちになりますし、

相手も喜んでくれます。

家族や親せきは大切にすることは当たり前ですし、

きっとあなたの事も守ってくれています。

 

この大前提は忘れないでくださいね。

 

では、私の実体験談を次の章で。

自分に害のある人を可能な限り排除した!

 

簡単な私のエピソードを2つほど紹介します。

なんとなくで良いので感じ取ってください。

悪い上司とさようなら

 

私は、会社の上司に毎日毎日いじめられました。

正しい仕事をしてもいじめられました。

結婚したら独身のその上司に妻の悪口まで言われました。

あげくには私の見た目も、お弁当の中身まで文句を言われました。

 

私は倒れました。

そして双極性障害と診断されました。

それまではうつ病と思って無理して頑張っていました。

 

社会的に抹殺とは言いませんが、

私はその「直属の上司」と話さなくしました。

むしろ無視しました。

 

ふん。きっと俺はクビになるだろうが、本望さ!

 

クビになりませんでした。

むしろ上司が私をビビって機嫌取りしてきましたが、

さようならしてあげました。

 

今も一緒ですが、私は会社のみんなから声をかけられますが、

私の直属の上司は誰からも声をかけられていません!

周りの人の話を聞かなくした

 

耳に入ってくるから「嫌な事」が頭に入ってくるんです。

だから聞かなければいい。

聞こえなければいい。

 

イヤイヤ、それが難しいんですって・・・

 

本気になれば、聞こえなくすることが可能になります。

 

私は、昔東京に住んでいました。

騒音があるところって比較的家賃が安いんですよね。

 

私のアパートは線路の1m横。

しかも、遮断機の目の前でした。

 

最初は辛かったです。

電車は3分おきにガタンガタン。

遮断機は1分おきにカーンカーンカーン。

 

これが、1か月で聞こえなくなったんです。

人間の脳は不必要な音を自動的にシャットアウトしてくるのです。

 

だから、会社でも人と人の話や、誰かが怒られている声を聴かないように

最初から意識して耳に入らないようにするのです。

 

するとだんだんと聞こえなくなって、今の私は何も聞こえません。

 

もちろん、必要そうな情報だけはひろってますよ。

 

それで、何が言いたいかと言うと、

私は今まで結構助けてきてしまったのです。

愚痴を聞いたり、一緒に手伝って見たり・・・

 

確かに私のスキルにはなりましたが、心はすり減りました。

どっちがいいのか人それぞれですよね。

でも、心を病んでいる人は今は心を守るべきだと言えます。

 

私は、覚悟したその瞬間から少なくとも病状が悪化することはありませんでした。

むしろ、回復率があがっています。

きっぱりNOと言えるワンちゃん

きっぱりNOと言えるワンちゃん

双極性障害の場合、他人には興味を持たないほうが早く良くなる理由

 

双極性障害やうつ病の精神疾患の人は、

自分の心の声・・・自分の雑音に常日頃悩まされています。

 

苦しいでしょう。私もそうです。

 

この自分の雑音を無くすことは生きているうちはできません。

なら外からの雑音を今より少しでも減らせれば・・・どうでしょう。

 

ゼロにするのは不可能だとしても、半分に雑音を減らせたら楽ですよ。

 

生きるのも、治療も倍加速します。

私が言いたいのはそういう事です。

 

今日も後ろの席のポイズンピープルがFAXの文字が小さいとキレて回っていました。

毎日ですよ。

これを聞きますか?

仕事を忙しいという事で流しますか?

FAXの文字の話を聞いてもスキルにもなりませんし、心が疲れるだけです。

 

共感性がつよい私たちは反応してしまうかもしれませんね。

ココが勝負どころです。

 

共感しないのが一番。

共感してしまうのなら見ない聞かないが一番。

私の以前の記事↓たとえ話です。参考にしてみてください。

心の病を悪化させないためには4猿「見猿・言わ猿・聞か猿・思わ猿」その理由とは!

 

いっそう心の要らなかった真面目な部分を断捨離して軽くしてみましょう。

軽くなった部分に楽しい事を詰め込んで一緒に早く元気になりましょうね。

 

その他、私の多数の体験談は↓こちらから全て見れます。

私の双極性障害体験談-すべての一覧

タイトルとURLをコピーしました