双極性障害解決法:双極性障害・うつ病だと朝がつらい。特に会社に行くのが辛い時の簡単対策

スポンサーリンク
朝起きるのが辛いから家出れないよ ★双極性障害-対処法
朝起きるのが辛いから家出れないよ

 

こんにちわ。

双極性障害の吉川です。

 

双極性障害やうつ病などの精神疾患の場合、私は特に朝が辛かったです。

健康な人でも朝起きて会社行くのが辛いことは経験があると思いますが、

精神疾患だと病状もあって余計に朝辛く感じます

かなりふさぎ込んで動けないことも多々あります。

 

本当に病気がひどくて辛い場合は休んだり、病院に行くことを優先すべきですが、

そうも言えなくて会社に行かなければならない場合は嫌になるでしょう。

布団から出たく無いと本気で考える毎朝かもしれません。

 

そんな私も同様で毎朝辛い思をしていました。

そこから脱出することができた簡単な方法をココではお伝えします。

起きたくないよー

起きたくないよー

 

スポンサーリンク

朝目覚ましが鳴って家を出るまでの方法

朝を楽に過ごすために必要なことは「寝る前」にあります。

 

どういうことかと説明する前に考え方をお伝えします。

私は朝起きて、家を出るまでに「何も考えない」を目標に頑張りました。

考えなければ不安なことを想像することもないですし、

淡々と過ごせると思ったからです。

 

ロボットのように、毎朝決まったルーティンで過ごすのです。

では寝る前について紹介します。



寝る前に翌日の服を枕元に置いておく

毎日起きてから服を選んでいるから大変なのです。

寝る前に決めた服を枕元に置いておいて、

朝起きたら布団の上で着替えをできるようにするのです。

アメリカのオバマ大統領も翌日の服を用意していたというのは有名な話です。

 

どうしても服が選べない・起きたら選んだ服が嫌だという人にはオススメがあります。

私もこれを数年続けました。

それは、翌日の占いを見るのです。

そこに必ずラッキーカラーがあるのでその色の服を選ぶのです。

ラッキーカラーを着て少しでも良い一日を過ごせるなら服が嫌とかはなくなるはずです。

私は、これに合わせてシャツを10色買いました。

徐々に買い足して同じ色を2枚以上になるようにしました。

運勢で時として同じラッキーカラーが続くときがあるからです。

これは効果があります。

ぜひ試してみてください。

 

部屋の温度管理を設定しておく

夏は冷房を適温にして入りタイマーを設定します。

冬は暖房を適温にして入りタイマーを設定します。

これだけですが、朝のテンションが10倍は違います。

寝る前に1分でいいのでやることが大事だと思いました。

あたりまえと言えばあたりまえな工夫でした。

 

部屋を出てからのルートを決めておく

部屋を出て、

洗面所に行ってひげを剃って、

リビングの決まった席で朝食を取り、

決まった流れで外に出る。

 

ここでも同じことが言えますが、できるだけ考える事・選択肢をなくします。

目をつぶってても、ボーっとしてても同じ動きになるように心がけます。

 

最初からそうはいきませんが、2週間も同じ行動をしていると簡単に慣れます。

思考停止状態でも動けます。

 

思考停止で動けるようになったら勝ちです。

より良い場所へ

より良い場所へ

何も考えないという最高の思考

感の良い人は気づいたと思いますが、

ここで一番大切なことは「思考停止を維持する事」なのです。

 

いかに余計な思考を排除するかが最大の目標であり、

最大限排除できれば成功なのです。

 

私はしていませんが、私の同じ病気の知り合いは、

朝起きてからヘッドホンでお気に入りの曲を聴き続けるそうです。

音楽を聴いているなら思考も半分は音楽にとられますし、

なれれば時計として活用できると思います。

実際に友人は歌詞を歌う事で思考を曲に持ってき、

曲の場所で立つ座る動くを決めていたそうです。

 

そこまでしてと思うかもしれませんが、

家を出ることができれば最高に良い事だと思います。

 

家を出てから会社までは後ほどお伝えしますが、かなりの達成感を得られます。

そして積み重なった努力の回数が自分の自信になるのは間違いありません。

双極性障害解決法:双極性障害だけど朝頑張って起きたが、家を出るのが辛い人の会社への到着の仕方
朝玄関を出てから会社に向かうのは双極性障害の私やうつ病の人の場合、とても辛い事だと思います。毎日繰り返すことですから。これを少しでも楽にする方法はないかと考えた私の方法です。もし合うようでしたら参考にしてみてください。
思考回路

思考回路

 

より思考を停止させる工夫

細かい事ですが、思考を停止させることは随所にちりばめた方が効果的です。

朝は本当に何も考えない方がいいですから、夜のうちにやっておくのです。

もしくは、土曜日にできることは土曜日に1週間分やっておくのです。

その小さい工夫を紹介します。

 

朝食を決めておく

私は朝食を毎日同じになるようにしています。

栄養を補えて、短時間で、簡単に食べられるように考えました。

考えるというほどではありませんが、私のメニューは下の通りです。

・シリアル+牛乳

・青汁

・麦茶(薬を飲む用)

この一式をお盆に入れて夜のうちに準備しておきます。

牛乳は朝入れます。当たり前すぎてすいません。

これだけで、大体は大丈夫な朝食です。

栄養バランスの乱れは1日の心のバランスにもつながりますので、

食欲がなくても頑張って食べてみてください。



昔とても調子の悪かった時は、

野菜ジュースを買ってきてコップ1杯と決めておきました。

何も食べないのは良くないので、これもルーティンに入れておくといいと思います。

 

洗面所の手続きも簡略化

顔を洗って、寝癖を直して、スライリングして、ひげを剃ってと言う

面倒な作業が朝の洗面所ではあると思います。

ここは、思い切って順番を決めてしまうことをお勧めします。

 

実は洗面所が一番考えることが多いのです。

しかし、洗面所さえ出てしまえば後は思考停止にできますので簡単にいきます。

洗面所で使うものを決まった順番で並べると良いと思います。

 

余談ですが、

夜や朝にシャワーを浴びる事が日によって違う人はどちらかにした方が良いと思います。

ルーティンを乱してしまうかもしれません。

朝の思考停止を目標にするならば、

どんなに疲れて眠くても夜にシャワーを浴びることが良いと思います。

夜にシャワーや湯船につかるとキレイになり、血行も良くなって

よりよい睡眠を得られるのも利点と私は思います。

 

靴を用意しておく

靴の多い人は玄関で選ぶことになると思いますが、

私の場合は翌朝履いていく靴を会社から帰ったら決めて、そろえて置いておきます。

その靴以外は靴箱にしまいます。

誘惑されますからね。

 

先ほども言ったようにスニーカーでしたらラッキーカラーの靴を用意するの良いと思います。

ただし靴は高価な場合が多いので、私は3色くらい入った靴を3足ほど用意して、

なんとなく当てはまった色の靴を揃えて、翌日履いていきました。

革靴になった今は、黒・茶で分けて、あとは中敷きなどで区別しています。

悩む猫ちゃん

悩む猫ちゃん



朝起きるのが辛い時の解決法のまとめ

「思考停止」にすることが何よりも大事です。

そのために、無意識で出来るように自動化できるところはしましょう。

寝る前に翌朝のための準備をしっかりして安心して眠るようにするのです。

朝起きたら毎日決まった動きで家を出るまで過ごします。

 

私の場合、考え症なので、

ギリギリまで寝ていて起きたら15分ほどで一気に家を出ます。

それが私の体には合っていました。

 

いきなりピッタリのルーティンが見つかるとも言えませんので、

まずは、色々試してよさそうな方法を見つけていくといいと思います。

その過程は楽しいと思います。

 

今は田舎なので車通勤ですが、昔は東京に住んでいたので朝食を喫茶店にしていました。

この喫茶店の風景が好きでそれをルーティンにしたのも外にでる楽しみになったのを覚えています。

 

ぜひ、ご自身で「しっくりくる」ルーティンを見つけてみてはいかがでしょうか。

ピッタリなルーティンが見つかると思考停止と言う言葉とはウラハラに

充実した癖を身に付けられると思います。

気分爽快 空と男

気分爽快 空と男

双極性障害解決法:双極性障害だけど朝頑張って起きたが、家を出るのが辛い人の会社への到着の仕方
朝玄関を出てから会社に向かうのは双極性障害の私やうつ病の人の場合、とても辛い事だと思います。毎日繰り返すことですから。これを少しでも楽にする方法はないかと考えた私の方法です。もし合うようでしたら参考にしてみてください。
タイトルとURLをコピーしました