双極性障害解決法:双極性障害やうつ病の人はテレビ・ネットは見ない方が良い、見るならシンプルルールを作ると大丈夫

スポンサーリンク
心の病の時はメディアから離れた方がイイ ★双極性障害-対処法
心の病の時はメディアから離れた方がイイ

こんにちわ。

双極性障害の吉川です。

 

双極性障害やうつ病でテレビを見るのが嫌になるとか、NHKしか見れなくなるという事は多く聞きます。

また、テレビを全く見なくなってしまいインターネットをたくさんするようになるのもよく聞きます。

 

これらは、何がいけないのかを理解しないで行ってしまうと回復を遅らせます。

遅らせるどころか、迷わせ悪化につながるかもしれません。

 

実際に私は↓かなり迷って回復が遅れました。

https://bipolar-disorder-lifekk.com/profile/

 

私の体験ではテレビやインターネットは見ない方が良いと思います。

もし見るのであれば、自分なりにルールを作るべきだと思います。

また、どうしても暇になり見たいなら何が良いかも考えてみました。

では私の体験談をもとに説明していきます。

テレビを見る人

テレビを見る人

スポンサーリンク

テレビを見る失敗パターン

 

・登場人物の感情や設定に心を乗っ取られる

これは、私の場合特にひどく、ドラマの主人公になりきってしまう傾向がありました。

 

企業買収のドラマを見ると株を買って失敗したり、天才ドクターのSFを見たら自分が天才だと勘違いして他人に対して冷たい態度をしてたりしてしまいました。

 

今思うと恥ずかしい経験です。

感情移入しまくりな人間なのです。

 

しかし、乗っ取られている最中は変だとも思わなくて、むしろ元気に感じてしまいます。センチメンタル感が気持ち良いとさえ感じていました。

これは恐ろしい事なので、感情移入を感じたら注意が必要です。

 

出来るだけ過激な番組を見ないようにして中性的な番組を見ることをお勧めします。

中性的な番組とは、普通の風景・旅物などです。

私はBSで流れている世界の紀行物を撮りためてみていました。

ヨーロッパが好きなのでとても癒されました。

このように病気中はテレビを利用するといいでしょう。

 

心がひどく弱っているときには一瞬で乗っ取られるので、しっかり心をモニタリングしてください。

弱いと思ったら、睡眠導入剤を飲んで眠ってしまうのが一番確実な方法です。

泣いてる女の人

泣いてる女の人

 

・ニュースは事実なのでダメージが心に残る

これは上で書いた物のリアル版です。

まだ上はフィクションだと思えます。しかし、ニュースは事実です。

これを真に受けると心が乗っ取られて、戻ってこれなくなります

 

1~2分でやるいわゆるストレートニュースならいいのですが、

30分~1時間の報道特集などは、犯人・被害者の感情を掘り下げるため、

心がキレイに乗っ取られます。感情移入します。

 

事実、悪いニュースなので犯罪者心理・被害者心理になってしまい、

何も特になることがありません。

 

双極性障害やうつ病の人はおそらくこのようなニュース番組を見るタイプが多いと思います。

ですが、ニュース番組を見る必要はありません。

 

私は今時事に精通したスーパー生ものを取り扱うビジネスマンですが、

意図してニュースを見無くして5年たちます。

年収は右肩上がりです。

5年前が600万円で、今が1000万円です。

 

安心してください、ニュースを見ると年収が上がることはありません。

子供と遊ぶか、勉強するか、寝た方が得なのです。

心痛める女性

心痛める女性

インターネットを見る失敗パターン

 

・「○○な時」など同じ状態の人の記事を読んでしまう

私は何度も禁煙に失敗していますが(お恥ずかしながら意思が弱いです)

禁煙が辛い時、「禁煙 辛い」のように検索してしまいます。

大体失敗の経験を探すようになります。

なぜならば、このサイトを書いている人が失敗したなら私も失敗して大丈夫と。

 

それなら、まだよいでしょうが、まずいのが、

「双極性障害 記憶喪失」「うつ病 治らない」などで検索するパターン。

それで、運悪く行ってしまったサイトが、

間違っていて根拠の無いサイトや、自分の体験談でない想像のサイトなどの

責任の無いコメントを読んでしまうかもしれません。

 

それによって、簡単に人生に諦めてしまうかもしれません。

人生にやってダメだった事なんてありません。

治らない病気はありませんし、完治が難しければ寛解を目指せば良いだけです。

 

それをネットを読んでサクッと飽きられめてしまうのは悲しい事です。

 

読んでもいいですが、「いい加減な記事」だなと思って読んでみるといいかもしれません。

 

このサイトも私の体験談だけがポイントなので、

人によっては合わないかもしれません。

参考になりそうなところだけ参考にして役に立ててください。

パソコンする男

パソコンする男

 

・ネットショップやSNSを「躁」「睡眠導入剤を飲んだ」状態で見てしまう

これが、一番あるあるネタなのですが、

睡眠導入剤を飲んでうつろな時や、躁の状態でお酒などを飲んでいる時がやばいです。

物欲・性欲・〇〇欲がむき出しになりますから。

 

私の場合、

・株で100万円投資したこともありますし。

・外貨で100万円無くしたこともあります。

・ネットショップで知らないものを買ったこともあります。

・ふ●うぞく呼んだこともあります。

・懐かしくて10年以上もあっていない女性に電話やメールをしまくったこともあります。

・その女性の誰かと会って結婚して離婚したことがあります。

 

まぁ辛いので、睡眠導入剤を飲んだらネットを見ないか、見ても飲む前にルールを決めておけば大丈夫です。でも控えめに。

ルールとは簡単です。

メールは送らない、買い物はしないと言い聞かせておけば大丈夫です。

以外に自分は自分のシンプルな約束を守ってくれます。

ルールはこの後詳しく説明します。

 

こちらに↓躁の時・睡眠導入剤を飲んだ時の私の体験談です。

https://bipolar-disorder-lifekk.com/dealing-with-manic/

https://bipolar-disorder-lifekk.com/sleeping-pill/

参考にしてみてください。

ベンチで頭を抱える男性

ベンチで頭を抱える男性

テレビ・インターネットを見るルール設定

 

あらゆる環境を想定するとルールを一つに決めることは難しくなります。

ここでは、私が実践していてシンプルで誰でも共通するルールを紹介します。

凄く簡単で当たり前のルールですが意識するのとしないのとでは大違いです。

 

テレビのルール

・好きなジャンルの番組しか見ない

・好きなジャンルの番組が無い時は無理して見ない

・テレビを見たくないときは見ない

・飛ばしたり、止めたり自分でコントロールするため録画する

 

インターネットのルール

・決済は翌日日中にする(夜中にする必要などありません)

・登録は翌日日中にする(夜中にする必要などありません)

・メールは翌日日中する(夜中にする必要などありません)

・決済したいもの、登録したいもの、メールしたい人をメモしておく

・翌日必要でないと思ったら忘れる

 

これで全てです。超簡単です。

後はご自身でカスタマイズするといいかもしれません。

私は、これを意識することで(意識と言うレベルではありませんが)

それから何も問題が起こらずに今まで来ています。

美しい未来

美しい未来



双極性障害やうつ病の人はテレビ・ネットは見ない方が良いのまとめ

 

まずは、感情を乗っ取られる(感情移入)危険性があることが1番目の問題です。

そして、意識が弱まっているときの混乱した行動が2番目の問題です。

 

どちらも最悪な状態になりますので、避けるべきです。

 

情報から離れてしまうと心配になる人はいるかもしれません。

情報から離れても、最低限必要な情報は自然と入ってきます。

 

また、今ひどい病状であるならば危険を冒して情報を取りに行く必要はないということです。

治ってからでも楽しめばいいので、今は治療に専念しましょう。

 

精神疾患は一見見た目が健康に見えます。

ケガとも風邪とも違い、病人として自分も他人も扱ってくれません。

自分くらい病人として扱ってあげて、今は安静にして情報から離れようとしてください。

 

隙間時間が増えたところで、風を感じながら散歩なんてイイかもしれません。

おいしいカフェでまったりもイイかもしれません。

お気に入りの作家の小説を読むのもイイかもしれません。

 

ちょっと今までと違ったことに時間を使って見てはいかがでしょうか。

 

そのほかの私の双極性障害体験・対処法すべての一覧はこちら

平穏な日々

平穏な日々



タイトルとURLをコピーしました