双極性障害は恋愛体質、それが困ったものでさみしがり屋だよ、そんな気分

スポンサーリンク
★双極性日記
愛情を欲してるけど、愛情で傷つきたくないと悩む猫

 

こんにちわ。

双極性障害でフルタイムで働いている吉川です。

 

1年半ブログを休憩して病気の治療に専念。

でも、よくなったり、わるくなったり。

上手な気持ちの付き合い方を考えようかと再出発です。

スポンサーリンク

さみしがりやと愛情の欲しさ

 

双極性障害のせいなのか、私のせいなのかさみしがり屋です。

特に愛情の面で。

 

病気だから特別扱いされたくない反面、

病気なんだから愛情もって特別に接してほしいと思う不思議さ。

 

妻も元気ですし、子供も元気で幸せです。

でも、特別な愛に浸かりたくなります。

 

妻も子供を2人も育てて大変だとは思いますから、

感謝しかありませんし、求めるのも酷だと思っています。

 

私は、良くないと知っていつつ心だけで会社の中の人を想うことになってしました。

いつも私にだけ優しくしてくれて、そっと助けてくれる。

毎日優しい言葉をかけてくれる。

なんでも話を聞いてくれるし、病気のこともよく理解してくれています。

 

ま、勇気が無いし、双極性障害だから何もそれ以上はないですが…汗

ランチに月2~3回行くくらいです。

双極性障害だと、踏み外すと大きな衝撃が来ますから、肝に銘じています。

これは、後で書きます。

 

でも、その人がいてくれるだけで会社も生活も潤っています。

仕事も家庭も不満を溜めずして、前向いて歩いて行けています。

 

この、私に対しての特別な対応がすごく居心地よくて、

心だけとは言え辞めないといけないのに依存しています。

 

勘違いだよ!って思われるかもしれませんが、

虚しいかな想いは両方同じで、口には出しませんが好きなんでしょうね。

 

もし、彼女がいなくなったら、さみしさと愛はどうやって埋め合わせするんだろう。

ただただ、今は幸せと不安が入り乱れる不安定な状況です。

カラフルな鮮やかな石

カラフルな鮮やかな石

 

一発で気分が高まる

 

双極性障害だと踏み外したときに自分でも止めることができなくなります。

それは、その瞬間だと踏み外していることすら気づきません。

 

その優しい女性とは本当に浸しく、美しいため、時に男の気持ちが高まるときがあります。

例えば、夜LINEをしていたり、電話していたり、飲み会の帰りなどです。

基本はお酒が入っているとき・睡眠導入剤を飲んでいるときに悪吉川が現れます。

 

翌日にLINEを見て罪悪感になったり、冷たい態度されて、

昨夜のことの重大さを思い知らされることになったりします。

 

でも躁状態だと自分でも分別がわかっていなくて、

ようは、彼女を自分の人にしたくなってしまうようなのです。

今書きながらも最悪な気分です。

 

しかし、その時は気分が高揚し無敵になってしまいます。

さらに彼女も多少なりとも私に気はあるので、時にギリギリまで乗ってくれる時があります。

プラトニックな関係ですが、プラトニックな関係でもあります。

キスまではしたことも遥か昔にありました・・・涙

 

心はしっかりつながっています。

それを高揚し気分が上がることで裏切ることになるんです。

 

その末、深く知りたい気持ちとは逆に彼女の距離が離れます。

そして、悲しい気持ちになってしまって砕け散ってしまうのです。

 

一発で気分が落ち込む

 

高揚して気分が上がり、優しい彼女にさげすまれます。

そこで、一気にうつ状態が発生します。

 

恐ろしいほどのうつで立つことも食べることも、布団からも出れなくなります。

彼女にLINEしてもかえってこないとか、会社で話がよそよそしいとか。

 

当たり前ですよね。

 

ダメな自分。

 

すると仕事も家庭も回らなくなってきてしまって悪循環。

彼女と普通の他人同士になればいいのにっていつも思いますが、依存していてできません。

 

このスパイラルが止まらなく、涙も出ず、泥人間のようになってしまいます。

典型的な双極性障害1型です。

 

楽しさと後悔の天秤を分かり切れない。

楽しさの重りで天秤を壊してしまうのですから、それはそうでしょう。

 

天使のような対応をとってくれた彼女とは出会って1年半です。

おそらく、この躁とうつの大失敗は彼女だけで5~6回しています。

(仕事や家庭での躁とうつの失敗はもっとあります)

 

今は、少しづつ双方話し合って彼女との距離をとってゆっくり離れて行っています。

じゃなきゃ、彼女が会社辞めたら大変ですもんね

きれいな桜の花

きれいな桜の花

そんな時は私はこう考える・・・のかな

 

一度、地獄の底に落ちたら、私はこう考えることにしました。

 

中途半端ではなく、しっかり後悔しようと。

 

後悔するというのは、思い描いて悪かった部分を振り返ることもあるし、

彼女に真剣に自分のダメで恥ずかしい人間だと謝罪します。

 

運よく、彼女は私が双極性障害だと知っている唯一の他人ですから。

 

許されなくてもいい、でもうやむやにはして終わらせたくない。

青臭くガッツリ謝ります。

 

それで一回はスッキリし、相手の考えを尊重します。

尊敬している分、切り捨てられても自分が悪いし、彼女の選択に間違いはないから。

 

今のところ、この方法でダメな自分をあらゆる方向からダメ出しし、

ダメ出しした苦しさが記憶に残り、その記憶が次の躁を止めてくれるようになっています。

 

今もまだ彼女は会社で私の横でそっと助けてくれています。

本当に感謝しています。

 

よく読まれるページ
★双極性日記
スポンサーリンク
シェアする
bipolar-disorderをフォローする
双極性障害・うつ病の「解決策」&「体験談」~気持ち/行動/失敗談/成功談
タイトルとURLをコピーしました