双極性障害解決法:精神疾患の私は、睡眠時間が以上に長い。24時間寝る時がある。

スポンサーリンク
ロングスリーパーに自信を持つ双極性障害の女性 ★双極性障害-体験談
ロングスリーパーに自信を持つ双極性障害の女性

 

こんにちわ。

双極性障害の吉川です。

 

本日は寝すぎてしまう私の癖をお話しします。

私は睡眠同級罪でマイスリーを3か月、ハルシオンを3か月のルーティンで飲んでいます。

とても効きが良くて良く眠れています。

むしろ良く眠れてしまう事についてお話ししたいと思います。

 

巷では、寝すぎてしまうと体内時計が乱れて精神疾患の回復に悪影響を与えると言われています。

私の経験から、それは無いような気がします。

体が求めていることを、そのまま実行して悪い事は無いと思います。

むしろ、無理して生活習慣と言う檻に締め付けられている方がストレスになると思います。

 

今回は、フランクに私の長時間睡眠が趣味であり、それが悪影響を与えず、よい影響を与えていることについてお伝えします。

横になる女性

横になる女性

スポンサーリンク

私の休日の睡眠時間

 

私は、休日になると平均で24時間寝ることがあります。

時には27時間寝ることがあり、起きると3時間睡眠なのに凄い寝た感があると思う事がります。

私は世界的に見てもロングスリーパーランキング10位以内に入っている自覚があります。

 

夢を見ている時間も長いせいか、毎回訪れる夢の世界が共通していて知っている世界なのも楽しみの一つです。

知り合いも夢の中に数人いますし、街並みも知っていますので出歩くのにちょうどいいのです。

それがまたすごく面白いというか、現実の世界に帰ってきたくない理由の一つです。

 

もしかしたら、現実の方が夢なのではないかと思ってしまう時があります。

 

12時間睡眠は確実です。

休日ならば昼過ぎの13時ごろまではアベレージで眠っています。

予定がある時は踏ん張って9時に起きますが、午後には3時間ほど寝ます。

 

ロングスリーパーではない人から見ると、人生の時間がもったいないという人が居ます。

それは、私個人の意見ですが人それぞれで、睡眠が趣味の私は非常に充実しています。

逆に、こんな事を言って申し訳ないですが、釣りが好きな人やジョギングが好きな人もその時間もったいないと思ってしまいます。

 

ようは、自主的なものには価値を感じ、そうでないものには無駄に感じるのです。

 

だからゲームを好きな人は必要な時間ですし、絵を描く人は必要な時間のなのです。

 

他人から、有益・無益な時間を言われて気にすること自体無駄なのです。



私にとって長時間睡眠の病気に対する影響

 

私は、今色々な試作を試していて外界からの無駄な詮索を私の心に入ってこないようにしています。

しかし、100%外界からの情報を防ぐことは不可能です。

 

私の場合、睡眠に逃げるのには2つの大きな理由があります。

 

①寝るのが好きで気持ちいい

 

寝るのが大好きすぎて、気持ち良いのは最高にリラックス出来ます。

特に睡眠導入剤を飲んでいる立場なので、睡眠自体浅いものです。

その為、睡眠が浅いために夢を大量に長時間見ます。

 

もともとSF映画が大好きな私ですから、SFの夢を見ます。

宇宙人が襲ってくるとか、瞬間移動を使えるようになって人を救うとか、

とても楽しいのです。

 

長い夢のなので完結してしまうのも、普通の人と違ってメリットだと思います。

 

非現実的な体験をできることは刺激にもなりますし、脳のストレスの発散にもなります。

 

もちろんのことですが、身体的・精神的な疲れも回復することは間違いなく有益な事であると実感しています。

チューリップ

チューリップ

②長く寝ると、現実の事が意外に忘れてします。

 

寝る前に嫌な事があったとしても、強制的に睡眠導入剤を飲んで寝ることで忘れることができます。

私の体験ですが、睡眠導入剤を飲むと記憶が曖昧になる・薬の効果で思考が低下し睡眠時に記憶が定着しないのだろうと思います。

 

だから、翌日まで問題を引きずることが少なくなります。

これはこの病気の人にはとても重要な事です。

 

引きずらなければ、精神衛生上とても健康でいられます。

そして、睡眠時間を長くすればするほど、現実との距離を置くことができるのでより、記憶に定着することが無くなります。

 

無駄なネガティブな感情を持ち続ける事よりも忘れる事の方が必要です。

忘却力こそ、この病気を回復させるために必要な力ではないでしょうか。

 

私はこの不完全な世の中に完全を求めて失敗してきました。

裏切られたと言っても正しい発言だと思います。

逆にこの不完全な世の中で不完全で要られれば何も悩むことは無いのだとも思います。

 

正しい事は正しい事として行いますが、ある程度の事は水に流す不完全な気持ちも必要なのかもしれません。

不思議な空間に迷い込んだ女性

不思議な空間に迷い込んだ女性

長時間睡眠から思う他の人の趣味についてまとめ

 

私はたまたま長時間睡眠と言う趣味がありました。

これによって助けられたことが多々ありました。

疲れが取れた・精神的に回復した・忘却することができたなどです。

 

これは私の場合長時間睡眠と言うだけでした。

 

他の人もそれぞれ趣味を持っていると思います。

趣味を持っていても中途半端に趣味にしていると、時間や費用の浪費なのではと悩みながらやってしまう事があると思います。

 

それは、まだ趣味になっていないか、本気で打ち込めていないか、

もしくは、本当の好きなことに出会っていないか。

 

私の場合は睡眠なので努力は要りませんでした。

努力の要らないものが本来この病気の人には良いのかもしれません

 

例えば、美味しいコーヒーを飲む時間、ドライブする時間、映画を見る時間など

すでに娯楽になっているものをチョイスするのがベストだと思います。

 

その時間好きであれば、時間を忘れ、悩みも忘れ健康的な時間を過ごすことができます。

 

まずは、好き・苦にならないという事から趣味を探して楽しみながら時間を使って見ることをおすすめします。

きっとちょっとは楽しい毎日になると思います。

 

そのほかの私の双極性障害体験・対処法すべての一覧はこちら



 

タイトルとURLをコピーしました