双極性障害解決法:自分を褒めるよりいい方法!超簡単!劇的な効果3ステップ

スポンサーリンク
良くなかった事リストの大切さを知りたがっている少女 ★双極性障害-体験談
良くなかった事リストの大切さを知りたがっている少女

 

双極性障害やうつ病の精神疾患の人ならだれでも聞いたことがある、

 

 

「今日あった良い事リストを書こう!」

 

 

これって意味があるのでしょうか?

 

私はやってみましたが、何の意味もありませんでした。

 

むしろ、

こんな小さな幸せしかないのか!

幸せを探すのが辛い!

「今日はご飯がおいしいです」って書いてて悲しすぎる。

 

そんな気持ちになりました。

 

で、へそ曲りの私が考えたのが、逆くのリストです。

それは、

 

「今日あった悪い事リストを書く」です。

 

 

こんにちわ。

双極性障害でフルタイムで働いている吉川です。

 

今回は精神的に安定し、整理がつく簡単な私の体験談をお伝えします。

個人的には、かなり劇的に改善し精神が安定しました。

 

簡単なので、すぐ習慣化します。

簡単なので、いつの間にか潜在意識に浸透し、前向きな性格へ変わります。

 

そうすると回復・成長が著しく進むのでぜひ実践できる人はしてみてください。

私の通りでなくても、合いそうな所だけ採用してアレンジしてみてくださいね。

 

では、簡単すぎる方法をお伝えします。

 

足を組んでノートに書き込む女性

足を組んでノートに書き込む女性

スポンサーリンク

よく言われている良かったことリストで私がだめだった

 

本題に入るそのまえに一般論、よく「良かった事リスト」をつけると良いといわれます。

私ももちろん否定しませんし、むしろ肯定的です。

 

でも、ある程度心が整ってくる前だと効果は半減もしくは逆転してしまうかもしれません。

 

だって、そもそも良かった事が無いのだから辛いのです。

もしくは、良かったことも良かったと認識するのが難しい状況なのです。

 

それは、無理にポジティブにすることで振子のようにネガティブに動いてしまうかもしれないからです。

だからこそ、ネガティブな時はネガティブと言う自然の姿勢のまま上を向く行動を起こさないといけないのだと思います。

 

そして私はその方法で現状を見つめなおすことができ、ポジティブに姿勢が傾きました。

私は、良かったことリストを地獄時代書いていましたが、もう書くこと自体が苦痛でしょうががありませんでした。

 

だからこそ逆手を取って「今日あった悪い事リストを書く」のです。

 

マグカップとノートに書き込む手

マグカップとノートに書き込む手

ステップ1:良くなかったリスト(ない日は書かない)

 

嫌なことが有ったらリストに書きましょう。

箇条書きで良いです。

基本的な事として、「日付」「天気」「どんな日か」などは書いておくと良いです。

「どんな日か」は普通の日なら書くことはないです。出張とか有給とかそういうことです。

 

良くない事を箇条書きにします。たとえば、

——————————————————-

5月3日 晴れ 休日

・嫁がなんか怒っていて息が詰まった

・友人に飲みに誘われたがお金がもったいないので断った

・寝つきが非常に悪くて2時まで寝れなかった

——————————————————-

こんな程度です。

 

そして、面倒くさい日はやらなくてOK(罪悪感も0でOK)。

悪いことが無かった日は「悪いことが無い」の一言でOK。

縛りはゼロ!

 

ただ、習慣として続いていくことが重要です。

書かなくても戻ってきてください。

 

では、これがどういう意味を私は感じたかをお伝えします。

 

首を傾げる猫

首を傾げる猫

ステップ2:良くなかったことで失ったことを加筆

 

では、先ほどの例を使って進めていき居ます。

先ほどの例をもう一度書きます。

5月3日 晴れ 休日

・嫁がなんか怒っていて息が詰まった

・友人に飲みに誘われたがお金がもったいないので断った

・寝つきが非常に悪くて2時まで寝れなかった

 

3つ悪いことがあったようです。

では、この3つで失ったものについて考えていきます。

 

・嫁がなんか怒っていて息が詰まった

⇒嫁が勝手にヒステリーになっているだけなので、私は気にする必要はない。

⇒もし私が悪いことをしてしまったとしても、こういう態度をするなら引き分けでしょう。

 

⇒よって、何も失っていない!

 

・友人に飲みに誘われたがお金がもったいないので断った

⇒その友人は本当に飲みたい友人か・・・いやそうではない。流されそうになっただけ。

⇒店2軒分、タクシー代で10000円は浮いた。

⇒躁転する可能性を消した。

 

⇒よって、何も失っていない!

 

・寝つきが非常に悪くて2時まで寝れなかった

⇒翌日も休暇なので良いではないか。

⇒そういえば休日なので昼まで寝ていたのだから仕方ない。

 

⇒よって、何も失っていない!

 

書くことで、何も失っていないことを確認できる。

そして、書かないことで胸の中のネガティブなモヤモヤを可視化でき、大したことが無いと認識できるのです。

 

中には本当にヤバイ嫌なことがあるでしょうが、それは以外にも年に5回程度です。

これは、私たち双極性障害やうつ病の精神疾患の人でなくても、どん底に落ちるほどのダメージですので回避不可能です。

 

私が言いたいのは、いわゆる日常のマイナスな、なんとなく凹む気分とは何かをしっかり知ってほしいという事です。

そして、それ自体は空気なようなもので、マイナスでもなくただ流れる風情だという事です。

 

気づいた女性

気づいた女性

ステップ3:でも、それのおかげで得られた貴重な体験とは

 

では、先ほどの例を使ってここも進めていき居ます。

先ほどの例をもう一度書きます。

 

3つ悪いことがあったようですが、良く考えてみると失ったことはないようです。

分析してみるものですよね。

では、失うどころかむしろ得られた事を考えて気づいてみましょう。

 

5月3日 晴れ 休日

・嫁がなんか怒っていて息が詰まった

⇒嫁が勝手にヒステリーになっているだけなので、私は気にする必要はない。

⇒もし私が悪いことをしてしまったとしても、こういう態度をするなら引き分けでしょう。

 

⇒よって、何も失っていない!

 

◎嫁を気遣う事が出来るから息が詰まるだけ。それは相手を思いやる気持ちや余裕がある。

◎引き分けであるなら、ある程度譲歩したのなら対等に付き合うべきと気づけた。

 

・友人に飲みに誘われたがお金がもったいないので断った

⇒その友人は本当に飲みたい友人か・・・いやそうではない。流されそうになっただけ。

⇒店2軒分、タクシー代で10000円は浮いた。

⇒躁転する可能性を消した。

 

⇒よって、何も失っていない!

 

◎意味のない交際によっての散財の癖を直すきっかけになった。

◎飲みの誘いを断ることで人間関係が悪くなることはないことに気づいた。

◎自分の考えを相手に伝えることができた。

 

・寝つきが非常に悪くて2時まで寝れなかった

⇒翌日も休暇なので良いではないか。

⇒そういえば休日なので昼まで寝ていたのだから仕方ない。

 

⇒よって、何も失っていない!

 

◎翌日眠かったが、寝れなかった理由がわかったので対策は可能だ。

◎寝れなくっても死にはしない。

◎睡眠は眠っていなくても、布団で横になっているだけで大分疲労は抜けるものだ。

 

リストに書くことはステップ1だけなのですが、それを書いていくと、ステップ2・ステップ3を見えるようになっていきます。

 

殆どの場合日常では失うことはなく、経験として得られることが沢山あるのです。

 

「失敗は成功の始まり」

 

多くの方が、小学校のころに聞いて、中学校以降は忘れてしまった言葉ではないでしょうか?

なんで大人になると失敗はダメなんでしょうね?

 

小さな失敗(本人しか気づかないほど小さい失敗)を積み重ねて、大きな成功をした方が楽なのに。

 

もちろん、私のようにディープインパクトな大失敗をして大成功することも可能ですが、お勧めしません。

年収400万円の私が5000万円の家を買って、4000万円で売って年収1000万円になるって意味不明な事は危険ですから小さくいきましょう。

 

自分のペースで、世の中の良くない事は、意外に普通の事で、何も失わず、そこから少しづつ何かを得ていることに気づけば最高です。

 

人間は成長を感じられないと持続が難しく、楽しくないのだ

 

簡単に言うと、

良いことリストを書いても成長を感じられません。

なぜなら、良かったから満足してしまうから。

本当に見なければいけない事から遠のいてしまうから。

 

体調や精神状況が上向きになり、安定してきたら良いことリストが効力を発揮しますが、

体調や精神状況が低いうちは良くなかったリストを作った方が良いでしょう。

 

良くなかったことリストを作ることで、「世の中そんなに悪いことが無い」と気づけます。

そして、良くなかった事から学べて成長できると気づけるんです。

意外にも失いものもそれほどない事にもね。

 

良いことリストは書いて終わりってなっちゃいますよね。

悪いことリストは書いて考えますよね。そして、多少なりと気づきと成長があります。

 

人間は私も含めて誰しもだと思いますが、

「気づきがあり、そこから成長を実感できて」初めて楽しいと思えるのだと思います。

 

まずは、治療を進めるうえで、それを早く実感するために、今回のステップ1~3を紹介しました。

 

これは、やらなくてもいいです。

頭の中の片隅にあるだけでも十分に効力を発揮します。

 

楽して、治療を早めましょうね。

 

次回は、

気にしないが得だった3つの体験談!神経質になる必要はない!

をお伝えします。

 

その他、私の多数の体験談は↓こちらから全て見れます。

私の双極性障害体験談-すべての一覧

タイトルとURLをコピーしました