双極性障害解決法:双極性障害だと人間関係が辛い。結論、嫌われてもイイ!

スポンサーリンク
★双極性障害-体験談

 

こんにちわ。

双極性障害の吉川です。

 

人間関係って本当に辛いですよね。

特に、双極性障害や精神疾患を患っていると、

のちのち心にダメージが残ってしまうこともあります。

わたし
わたし

当たり障りなく、まんべんなく、全員の顔色を見よう

そう思って生活していると、深い傷を心に残してしまいます。

だからこそ、日々をデトックスする必要があるのです。それが嫌われること

 

嫌われていい人には嫌われた方がイイんです。

まぁそういう人は実は全員から嫌われているので問題ないのですがね。

嫌がらせをするのはダメです正々堂々と行うのです

私たちは、間違っている周りの物から遠ざかる行為をするだけですから。

 

そんな思い切った私の体験談を記してみます。

スポンサーリンク

双極性障害は人間付き合いが難しい理由

双極性障害の方、私も含め、こだわり考え方が複雑です。

こうあるべきだ」と自分にも他人にも形をはめてしまいます。

それが、双極性障害の人にとってはイイことであると思ってやっていますが、

他人からは理解ができません

 

理解ができないと言うより、「面倒」と思われます。

自分の思う「こうあるべきだ」から外れた行為をされると、異常にイライラします。

 

これも、

私は克服法があるので、この記事でどんどん説明していきます。まずは、概念ということで。

 

イライラした時に理不尽な事を言われると

 

・「躁状態」である場合、「キレる」という状態になります。

・「うつ状態」である場合、「ふさぎ込む」という状態になります。

 

これでは、対応する他人にとっては面倒ですよね。

でも自分としては真面目にルールと規則通りに頑張っているわけです。

 

頑張っているのに、それを乱す人がいる。

もっと言うと、乱すことに生きがいを感じている人がいる。

それを撃退したくなるんです。

 

双極性障害はうつ病と同様に「完璧である」ことを目指しているからです。

そして、「真面目である」が自分の自己PRであり、大切にしている部分だからです。

 

わかりますし、私もそうです。

 

どうでしょうか?

もしあなたが一緒に仕事をする人・生活する人が、

そういう人格だとしたお付き合いするの難しいと思いませんか?

 

考えてみてください。

 

 

 

 

 

結構大変ですよね。

 

その気持ちを持って下を読んでみてください。

 

私が周りの人に及ぼした「面倒だな」と思わせた体験

私はいろいろな人に多大な迷惑をかけてきました。

それは、

償うというのも面倒になってきてしまい、今では見返すくらい頑張って孝行しようと思っています。

凄い行動を3つ紹介します。実は良い事も付いてきました。



①会社と突然休んだ

これは私の得意?とは言いたくありませんが、やってしまいます。

 

つい先日も、同僚数人の理不尽な仕事を振られて、報復に1週間休みました

 

わたし
わたし

私のありがたみを思い知るがよい!

という気持ちからでしたが、

実際は、精神的にも限界が来ていたので布団の中に逃げ込んだというのが正しい言い訳でしょう。

 

 

おかげでその結果、私を気遣って無茶な仕事は振らなくなりました

 

そして結果的に適正な量の仕事が来ることになったので、自分のスキルを磨くことができました

 

適性な量とは100が一日のMAXだとしたら90くらいです。

以前は100がMAXで150くらい仕事がありました。

 

一度キレてみるのも悪くはないと断言できます

また変な仕事振りが始まったら迷わず休みます。自分の人生を大切にしたいと思います。

 

②会社を辞めた

今まで、7社転職しています。

恐ろしい転職の数だと思います。平均して2年以内に会社を変えています。

 

双極性障害はいわゆる一つの事に根詰めると恐ろしいほど成績を上げますので、

どこの会社でも最高レベルのパフォーマンスを発揮しました。

 

ただ人間関係を除いて・・・仕事の為ならダメな人を正さなければ、と思ったのが間違いでした。

 

転職も適当にするのではなかったので、全てスキルアップとして得た知識をぶつけてきたので、

珍しいことに転職するごとに年収は上がっていきました。

(下がったことも2回ほどありましたが・・・)

 

双極性障害の天才的な才能を使えば、数年で転職に有利な知識を持つこともできるのです

 

③明らかに理不尽な仕事を振られると、完璧にやる気を失う

明らかにおかしな仕事をさせられる事があります。

悪い事ではないのですが、ズルしてるなと思ってしまうことです。

この時、私は「通常」「うつ」「躁」の状態別で対応が変わります。

 

「通常」・・・しょうがないから適当にこなす。

「うつ」・・・この人の為に、完璧に何とか助けてやろう。

「躁」 ・・・こんな事やらないよ!ちゃんとしなさい!と正す。か、やらない。

私は人や内容によって区別しているわけでなく、

その時の状態において正しいと思う行動をとっています。

 

しかし、同じ人間で上記のように変わってしまったら、「面倒」ですよね

だから、双極性障害の人は人間付き合いが苦手なんです。

というか、相手から苦手意識されてしまうのです。

 

これも良いことがあります。

 

それは、会社にとって良い事ですが、

3パターンの極端な対応をとることで相手が刺さるパターンに合致するときがあるのです

 

褒めれば伸びるタイプ怒ると伸びるタイプ自由にさせると伸びるタイプ

どれかに人は当てはまりますから、どれかにはいずれ合ってしまうのです

自分の状態が色々でも同じ脳ですから、

 

わたし
わたし

あ!今響いてる。このパターンが好きな人なんだ~

というのがわかりますので、

長い目で見ると相手との付き合い方の引き出しを増やすことができます

 

もちろん特殊な性格ですから、去る人はいます

去る人がいるのが、今回のポイントでもあります



去る人追わず、来る人拒まず

結論から言うと、我々双極性障害や精神疾患を患っている人は、

 

・誰にでも好かれたい。誰にでも尽くしたい。

・何をするにも完璧にこなし、それが当たり前だと思う。

これが根底にあると思います。

これは間違いなく私はそうでしたし、これを読んでいる方はどうでしょうか?

 

最高に素晴らしいことで、理想郷で、目指すべき世界であると思います。

 

でも、でも、それはドラゴンボールを使っても叶わない願いです。(年代なのですいません)

何故なら、

変えられるのは自分の中(考え)だけで、自分以外(家族含む)を変えることは不可能だからです。

 

フリーザを変えるくらいなら、強くなってフリーザを倒した方が楽なのです。(分かる人だけで)

 

 

簡単に言うと、上記の完璧な己の精神を「ぶっ壊す!」のです。

 

凄く、難しいんじゃないか!

それができれば、もうやっているよ!

わたし
わたし

やっぱり思うよね。やってみると驚くほど効果があるのに。

大変な事だと思うと思います。

しかし、本当に大変かどうかはやってみないと分かりません。

 

ぶっ壊した事ありますか?

 

私は断腸の思いでやってみました。もちろん怖かったです。不安でした。

 

嫌いな人には連絡をしなくしました。仕事の仲間で連絡しなければならない間柄なのに。

仕事の納期も、営業マンの理不尽な納期は守らなくしました。

 

文句を言われても、知らぬ存ぜぬで適当にあしらいました

 

大変なことになるでしょうか?

 

 

なりませんでした。

何も問題にも、苦情もありませんでした。

肩透かしとはこういうものかと知りました。

 

これが上記

・会社と突然休んだ

・会社を辞めた

・明らかに理不尽な仕事を振られると、完璧にやる気を失う

 ・まだまだ色々とぶっ壊したことはありますよ

ともつながってきますが、何も問題が起こらないのです。上記は代表的なことですが。

 

よく巷で聞くセリフで「あなたが会社を辞めても会社は回るのです」と

この病気の人が聞いたら泣きたくなる言葉がありますが・・・その通りでした。

 

もちろん、私がいることによって会社はよりパワフルに回っています。

むしろ、ぶっ壊した方が会社や社会が健康になるのです

そして、自分自身の心も健康になるのです。

 

 

小さいことからでもいいので、一つでも自分が嫌なことをやめてみましょう

少しづつ自分の心地よいことを増やしていきましょう

嫌なことをやめたスペースに好きなことが入るスペースができます

 

その方が健康であり、健康であるなら仕事も家庭も余裕を持って取り組めると思うのです。

 

私や、あなたの心を汚すような人がいたら、それは嫌われたっていいので嫌ってみるのも方法です。

ポイズンパーソンから離れて、好きな人と一緒に仕事や家庭をしっかり頑張りましょう。

 

まぁ実は、

自分の軸で動いて自分を大切にして普通に生活していると、

合わない人は自然といなくなっていくんです

 

これは実体験済みです。本当にいなくなります。

 

とにかく、自分の人生なので、自分が主人公なのです。

自分を大切にしなければ、人を幸せにすることも、成し遂げることもできないのです。

自分自身を認め、幸せな気持ちにすることが本当に大切だと思いました。

それが、人間として生まれた喜びなのですから。

 

きっと、仕事も生活もうまく行くようになります。

今でも酷い双極性障害で通院しながらリーマス飲んでいますが、私はうまく回っていますから。

一緒に、一度きりの人生を自分で作り上げましょうね

 

そのほかの私の双極性障害体験・対処法すべての一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました