双極性障害解決法:気にしないが得だった3つの体験談!神経質になる必要はない!

スポンサーリンク
色々悩みすぎて頭の整理ができていない人は断捨離をした方が良いと聞く男性 ★双極性障害-体験談
色々悩みすぎて頭の整理ができていない人は断捨離をした方が良いと聞く男性

 

私も10年以上もうつ病の治療をしていて最近になって双極性障害に再診断されました。

のべ15年以上も精神疾患を治療中です。

 

厳しい修行ですよね。

 

そこで、たくさんの自問自答をして、たくさんの罪悪感を経験してきました。

 

でもその罪悪感って、実は自分が罪と思っているだけで、周りの人が罪と思っていないのだと、ある時気づいたのです。

 

もしくは、逆の意味で、

精神疾患の病人で治療中なのだから、相手に迷惑をかけても仕方がない。

治療向かって頑張っているのであれば、人に対して神経質になる必要なないし、それは治療の妨げではないかと・・・

 

どう思われますか?

 

落ち葉を見る女性

落ち葉を見る女性

 

こんにちわ。

双極性障害でフルタイムで働いている吉川です。

 

今回は、

気にしないが得だった3つの体験談!神経質になる必要はない!

について考えたいと思います。

 

色々ありますが、この3点が最も気にする部分であり、気にしなくて良かったものであると思うのです。

 

先ほどの上記画像の上の質問の回答ですが、

私は、一周回って「自分が第一・自分主義」が良いのだろうと結論づけました。

 

では、一つづつ掘り下げて気にしていた事が意味がなかったと立証(とまではいきませんが)していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

意味なし!リーマスを飲んで太ると心配しすぎて太ったり痩せたりした

 

まずは、リーマスによっての精神安定を継続することで治療が最優先なのです!

ダイエットはそのあとです。当たり前です。

 

が、私は忘れてしまっていました。

 

確かにリーマスを飲むと食欲が増したり、便秘っぽくなったりして体重が増加しました。

でも、それは正常な状態になる為にリーマスを服用しているために出た副作用であって想定内なのです。

 

早く健康な精神状態になってからダイエットすればいいのです。

 

ダイエットと言っても太ってしまった体重1kgあたり7000Kcalの減少をさせなければいけません。

 

それには

・ある程度の時間を有した有酸素運動

・基礎代謝を上げる筋肉トレーニング

・カロリーを計算に入れたバランスの良い食事

・腸内フローラを善玉菌で豊かにする乳酸菌の取得

 

・・・やることはたくさんあります。

 

これをリーマスを飲みながら、同時進行は「無理!」と言うか「大変!」です。

 

まずは、太ったことは気にしないようにしましょう。

 

上記の中で気にしないで好きな事だけを取り入れましょう。

苦痛を伴うものをリーマスの服用(双極性障害の治療)と同時にすると、治療期間が延び、

結局太る期間も伸び、意味がありません。

 

太ることは忘れて、1日でも早く双極性障害を回復させ健全な思考ができるようにすることが大切なのです。

 

健康になってから、ダイエットしましょうね。

 

防風通聖散で快便の女性

防風通聖散で快便の女性

気にするな!病気で家族も含め他人に迷惑をかけることは当たり前だ

 

家族はもちろん、他人なんて迷惑をかけて当たり前です!

 

わざと迷惑をかけるのはダメなのは前提ですが、努力して最善を尽くして迷惑をかけてしまったのなら、それは仕方ありません。

むしろ褒められることだと私は思います。

 

なぜなら、双極性障害やうつ病などの精神障害者2~3級をとれる人が努力して何かを成し遂げようとしているのですから!

 

ただし、問題なのは、見た目が健康的だといいう事。

 

障害者と言っても、身体障害者ではなく精神障害者なので健常者と区別がつきません。

自分から「私は精神障害者だ!」とは言えませんし。

 

だから、やれることをやって、他人に迷惑がかかった時は、それはOKなのです。

他人なんて、どんどん迷惑をかけていいのだと思います。

大切なのは自分なのですから。

 

難しいのが家族ですよね。

家族は意外にも親身になってくれません。

それが、むしろ「頭にくる」ことがるでしょう。

働けだの、手伝えだの、掃除しろだの、遠慮なくいってきますよね。

 

 

分かっていますよ。

私のタイミングでやっていいですよね。

 

 

と言いたくなります。

 

良いのです。

家族は切っても切れない縁なのですから、迷惑・・・もとい甘えを多少出しましょう。

 

でも、だんだん家族は馴れ合いになっていくので話し合いすればいいのです。

 

そして、これは大切なことです。

家族は最大の味方にして、最大の敵でもある。

 

双極性障害解決法:症状や辛さを周りの人に『理解してほしい』と思わない方が良いよ、の理由
双極性障害の症状を周りの人に理解してもらおうと思う事があります。でも理解してもらえない。そんな悩みがありますが、よく考えてみたら「理解されなくて普通なのかも」と思えます。お互いを尊重して生活を送るコツを渡しの体験談から記します。

 

家族に期待してはいけません。

よって、家族に迷惑をかけることを気にしてはいけないのです。

 

早く治療を済ませ、回復しそれから家族の為に努力すればいいだけですから。

 

起床後に朝日を浴びる女性の後ろ姿

起床後に朝日を浴びる女性の後ろ姿

自由にいけ!本気でヤバイ病気なのだから会社行きたいくないのは普通!

 

双極性障害やうつ病の精神疾患なら100%の人が会社に行きたくない経験をしたと思います。

私など数えきれないほどたくさんあります。

 

それは、心の悲鳴と共に、仕事のオーバーフローなのです。

溜まった仕事をまとめて「満振り」して有給休暇を使って休みましょう。

 

わたしも、風邪を引いたとたまに休んでいます。

 

上記の家族ともうまくいっていないときは、家を普通に出て、会社に行かず遊んでいる時もあります。

 

ここで普通は2つ同時に裏切っていると罪悪感を感じてしまう精神疾患の私たち。

 

しかし!

そんな罪悪感は必要ないのです。

 

・激しい仕事を振ってくる会社

・優しくしてくれない家族

 

から逃げて、翌日以降健康体になって生活を送るために、

無用な心配をかけないために、嘘をついて上げているのだから。

 

つまり罪悪感ではなく、優越感に浸るべきなのです。

 

私はこの考え・行動をしてからも「特に問題は起きていません」

むしろ、割り切って生きることで楽とさえ思えます。

 

会社なんて1日2日休んでもどうにでもなります。

健康のために自由に選ぶ方が良いのです。

 

風邪を引いたなら当日有給取りやすいのですが・・・

 

え?

 

私たちは心の大病を患っているのですから、有給取って普通ですよ。

おそらく、普通の病気と比べるとインフルエンザくらいの破壊力と私は思っています。

 

気にしないが得だった3つの体験談!神経質になる必要はない!まとめ

 

基本的には気にしなければいけないことなど無いのです。

 

第一人者(自分)が大切にすべきすべてで、第二者(知っている人)も第三者(知らない人)は当然、気にすることはないのです。

 

よく周りを見てみてください。

会社で適当な仕事をしている精神的に健康な人を見ると、あなたに気を使っているでしょうか?

あんまり使ってないですよね。

 

エスカレートするとパワハラする人などもっと人に気を使っていないのですから。

 

私たち精神疾患の人たちは基本的に優しくまじめなので、多少気を遣わなくても十分に気を使える人格です。

 

そして気にしすぎて疲れてしまう人格です。

 

意識して、周りからの呪縛を減らし、楽にして、心を軽くして、病気の治療を進ませるよう自分主体で生きていきましょう。

 

私もそう思ってから、徐々に良くなってきました。

一緒にがんばりましょうね。

 

次回は、

面白おかしく私の失敗談8つを話しちゃいます!①

をお伝えします。

 

その他、私の多数の体験談は↓こちらから全て見れます。

私の双極性障害体験談-すべての一覧

タイトルとURLをコピーしました