双極性障害解決法:仕事始めの初日を終えて・・・双極性障害・うつ病の苦労を実況で!

スポンサーリンク
年末年始後の仕事始めを終えての感想を実況形式で語る ★双極性障害-体験談
年末年始後の仕事始めを終えての感想を実況形式で語る

 

こんにちわ。

双極性障害の吉川です。

 

まだ仕事始めの前の晩です。

翌日仕事始めの出社があります。

 

いかに乗り切れたか・・・または、乗り切れなかったか・・・

 

それを残したいと思います。

その意思表明でここにつづります。

ここまでは、これは仕事始めの前の晩の記事です。

どうやって、仕事始めを乗り切ったか・・・

 

それは、翌日を過ごして実況します。

この続きに書きたいと思います。

 

頑張ります。

双極性障害・うつ病でも乗り越えられる・・・

では、明日の朝に乗り越えたかどうか記したいと思います。

 

以上、仕事はじめ前の晩の記録です。

では頑張ります。

続きは翌日!


ここからは、仕事ははじめを終えた感想を書きます。

ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。



 

スポンサーリンク

本日、初仕事を無事に行い生還!

 

昨日に書いた初仕事の方法を使って一日を過ごしてみました。

仕事始めは双極性障害・うつ病の人にとっては恐怖でしかないを実況

 

そこで「瞬間短時間思考停止システム」を発動させてみました。

 

結論から言うと、この瞬間短時間思考停止システムは素晴らしいという事です。

一日を何も考えず、ただただ過ごしているだけでしたが、

人間は優秀にできているのでしょうか、仕事は丁寧にできましたしはかどりました。

 

このシステムが何なのかは・・・

「無駄な感情を発生させない」という事だと分かりました!

 

無駄な感情が湧かないと疲れません。

このシステムを使う時は疲れるかと思ったのに逆に疲れなかったのです。

 

だからこそ、淡々と仕事をこなし残業無しで帰ることができました。

 

初日にこの発見はとても有意義なものとなりました。

 

そして、

この瞬間短時間思考停止システムは初仕事だけではなく、

普段の日常に使う事によってより役に立つことがわかりました。

 

双極性障害やうつ病の治療を早める感覚もありましたし、

悪い思考が出ないので悪化する可能性は低いような気がしました。

 

治療を早める事は治療中であったり、働きながら治療している状態でも助けになります。

また、感情が安定するのでリーマスのような感覚があるのではと思いました。

双極性障害やうつ病の人は私も含め多くは、その病気を隠して働いていたりします。

だからこそ、この何も要らないシステムで病気そのものを隠すことができるような気がします。

心の波紋

心の波紋

 

仕事はじめでの体力の問題は治療に活かせる

 

仕事をする体力は確実に低下しています。

それはそのはず、10日も楽な時間を過ごしたのですから、

上司や同僚に見られて働くのは非常に疲れる事です。

 

で、私は何かを重ねて思い起こしていました。

 

それは、3回とった傷病休暇の明けの出勤の気持ちと体力です。

 

傷病休暇を3回取ったのはそれぞれ3~6か月でした。

会社にうつ病と伝えて休んでいるので、傷病休暇明けの出勤は膝が笑いました。

とても怖かったです。

 

体力も全然だめで椅子に座っているだけで限界が来ますし、

人と話すことも当然辛いことだらけでした。

 

休む事で病気は良くなったのだけど、

働くことへの筋肉が落ちているのだと思ったんです。

 

これは初仕事も同様だと思います。

ただ病気と言っているか、言っていないかだけです。

言うか言わないかは確かに大きな違いはありますが、こと体力に関しては同じ原理だと思いました。

 

傷病休暇と年末年始休暇を同様には絶対に扱えないのは知っています。

 

では逆に今日思ったのが、

年末年始休暇明けを、どうやって傷病休暇明けに応用するかです。

もしくは傷病休暇までは行かなくても自発的に有給休暇を取って治療するときも同様です。

 

わかりました!

それは、自分を大切にして、その上で周りを見るという事です。

瞬間短時間思考停止システムでも自分を守るためです。

相手の事など、どうでもよいのです。

相手など私の気持ちとは別に自分軸で物を言ってきます。

だから、私も自分軸で行こうと思いました。

 

自分軸で生きる

自分軸で生きる

 

自分が働きたければ、自分が働きやすいように感情をコントロールする。

相手の為にではなく自分の為に働くのです。

 

詳しく言うと、

結論は相手の為になるのですが、相手の気持ちになる必要は無いという事です。

 

今日は見積もりをお願いされました。

そこにある情報だけで見積もりを出すのです。

情報が足りません。

営業マンの気持ちを汲んで出来るだけ良心的な値段にするのはダメなのです。

それは、それなりの情報の金額を提示するのです。

それ以上は気持ちを相手に合わせることになるので無駄なのです。

 

結果営業マンにはそれで通りました。(ちょっと高値)

 

そんな感じで、どうでもよい事で悩まない事が大切だと思ったのが、

今日の初仕事で瞬間短時間思考停止システムを使った感想です。

 

発見する女性

発見する女性

 

または、仕事も本当はしたくないという人もいるでしょう。

むしろ多いと思います。私も食べるために渋々働いている人間です。

 

お金が無いと何もできない世の中なのも確かで・・・辛いですよね。

 

ココも思い切って割り切ってお金の為に働く決意が必要だと思います。

私がね。

 

瞬間短時間思考停止システムで雑念を静まらせて仕事をしていたら、

理想や天職や夢も同時に静かになりました。

 

これって大きいですよ。

 

だいたい理想って空想レベルのSFファンタジークラスのものですか、

ほとんど達成できる人などいないのです。

メジャーリーガーのイチローさんでこそ6割以上も打ち損じていると悩んでいるのですから。

 

目標は必要だと思いますが、根拠のない空想を鎮めることも必要だと知りました。

 

で、その空想を沈められたときに、具体的な目標と向き合えるのだと思いました。

 

今日の仕事はここまでの完成度で、ここまで終わらせる。

明日の仕事はこのプロジェクトの資料を作ると・・・

 

雑念が無いので、取り組んでいくのに悔しさが無い。

それでいて集中しているので仕事のスキルも上がる。

そして、仕事をしていることが楽しい(とまでは言わないが)と思い始める。

最後には、仕事が上達して空想だった理想に近づいている。

 

そんな気がしました。



初仕事は学ぶことが多い辛く有意義な授業でした

 

まぁ働くのは大っ嫌いです。

私の理想は、何も何もしないでお金に困らない、使っても無くならないお金。

そしてグアムで何不自由しない生活です。

 

なんてものは、宝くじが当たったて手に入りません。

宝くじが1当10回当たれば可能かもしれません。

まぁ確率的には冥王星に行って帰ってくる方が簡単かもしれません。

 

だからこそ、

いったんは理想や夢を手放して、目の前の前向きな目標に向き合うのです。

それが雑念を鎮める事。

自分を大切にすること。

相手の気持ちに寄り添いすぎない事。

淡々と生きる喜びをちょっと感じる事だと思うのです。

 

初仕事でこれほど体験し実感したことは今までありませんでした。

今まで双極性障害について70以上の記事を書きましたが、

それらによって頭が常に整理されているのだと思います。

 

アウトプットをすることはインプットにもなるんですね。

 

瞬間短時間思考停止システムはゴールデンウィークやお盆休暇の時も有効です。

むしろ、毎日有効です。↓こちらで書いています。

仕事始めは双極性障害・うつ病の人にとっては恐怖でしかないを実況

うまく利用して、自分の手で理想を目標にしていきましょう!

 

私は頑張ってみます!

 

その他、私の多数の体験談は↓こちらから全て見れます。

私の双極性障害体験談-すべての一覧



タイトルとURLをコピーしました