双極性障害解決法:双極性障害やうつ病で結婚を諦めることはない!理由

スポンサーリンク
双極性障害で結婚に迷っている男性 ★双極性障害-対処法
双極性障害で結婚に迷っている男性

 

こんにちわ。

双極性障害の吉川です。

 

双極性障害やうつ病だとまず結婚ができるかどうか迷うことや、悩むことがあると思います。

私はそうでした。悩みました。

 

その理由として私が経験した者として2つあります。

 

①コミュニケーションが正しく取れないかも(しれない)

②薬を飲んでいるから体調が正しいか不安

 

細かいものを入れるともっと増えてきますが、これが大きな不安ではないでしょうか?

私はこの二つをとても不安に思いました。

 

この不安は自然となくなることはありません。残念ながら。

ある程度の努力と巡り合わせが必要だと思います。

 

異性と出会う努力という意味ではありません。

 

自分を律する努力と、律したことで得られる能力との巡り合わせです。

私の場合の体験談と体験談からの考えをお伝えします。

少しでも参考になれば幸いです。

日暮れの空とキスするカップル

日暮れの空とキスするカップル

スポンサーリンク

コミュニケーションが正しく取れないという幻

 

正しくコミュニケーションが取れないように感じているのは、むしろ逆です。

感受性が豊か過ぎて、鈍感でなくなっているために普通の人より空気を読んでしまっているのです。

 

だから、実はすごく秀でた能力であるのです。

ただ、この能力も自分でコントロールできなければいけません。

大猿になった悟空のように力を手にしても意識できなければ猫に小判なのです。

 

これは、自分自身をしっかりモニタリングすることから始めます。

自分の気分の沈む時、ウキウキする時を知ることです。

 

私の場合、1年ほどは日記をつけて自分の傾向を調べていました。

毎日ではなくて思い立ったら書く程度だったので1年で70日くらいですかね。

自分の事が意外とわかるんです。

自分の行動範囲と人間関係が狭い事を知ることになります。

であれば、事前に対策もできるし、最初から凹む覚悟が出来ると凹まないし、ウキウキしても調子に乗らないようになるんです。

 

これは書かないとできません。客観的に見なければわかりませんから。

 

自分の感情のコントロールができるようになると、他人と対するとき落ち着いて対処できます。

怒る時とか、悲しくなる時があってもいいし、すぐ立て直せます。

 

すると、もともとあった感受性が豊かと言う能力が全開で使う事ができるのです。

まぁ行ってしまえば、相手が「〇〇言ってほしいな」と言うのがわかってしまいます。

これは、結婚なら恋愛と言うケースで使う事ができますし、仕事なら上司との対応でも使えます。

まぁ私は、自分大事で会社嫌いな既婚者ですので今は何も能力を発揮していませんが、発揮すればすごいだろうと局面を何回も読み当てているのでそう思います。

 

黄金の森

黄金の森

 

実は双極性障害やうつ病の回復は自分の心の会話と肯定がスタートなのです。

そして、それができたとき他人を認めることができます。

 

そんな自分自身を磨く作業する人で、相手の心の痛みがわかる人は結婚できます。

私は、最初はコミュニケーションが苦手な人間でしたが、最高に高嶺の花を妻にすることができました。



薬を飲んでいることでの体への影響

 

これは一言で言って副作用が有るか無いか

私は男なので精子について心配しました。

 

ですので、調べました。

病院で検査もしました。

精子を検査した結果、100%健康でした。

95%の精子が直進運動し、奇形が0匹と言う嬉しい結果でした。

しかも運動能力が非常に活発でした。

10年以上薬を毎日3回飲んでいた私でも精子が元気なのです。

嬉しかったです。

 

ぜひ、男性の方は精子を採取して検査することをお勧めします。

思った以上に制度の高い検査を今の時代はしてくれます。

安心できます。

 

女性の場合も男性よりもきっと進んだ医学があるはずです。

 

私は産婦人科に行きました。

きっと産婦人科は詳しい事を知っていると思うので相談することをお勧めします。

そしてさらに安心するなら薬について心療内科と産婦人科に相談することが大事です。

 

夕焼けで寄り添う

夕焼けで寄り添う

 

また、私は悲しい経験もあります。

今の妻は2人目なのですが、1人目の元妻の母親に

「うつ病の薬を飲んでいるうちは子供を作るな」

「早く治せ、薬が子供に行くだろう!」

と、差別的な発言をされました

 

私は、内心怒りましたが、何も言い返せませんでした。

田舎の農家の考えなのでしょうね。

田舎の農家が悪いと言っているのではなく、その家族が異変人なだけでした。

 

人を差別する人と、される人の気持ちを知りました。

この点でも結婚する前には病気に対する理解について、相手だけでなく相手の家族も含めてしっかり話した方が良いと思います。

 

経験者の私は語る、ハンコを押す前まではなんでも簡単にやり直せる。

ハンコを押すとやり直すことが極端に難しくなる。

 

良く話すことをお勧めします。

最初から理解している事は無いと思うので、教えてあげるのです。

それで理解していけば良い家族で、理解をしていかない家族が縁の無い家族です。

よく判断してみてください。

安心

安心

結婚はもちろん100%可能

 

つまり、結論から言うと100%出来ます

自分をしっかり制御してコントロールできさえすれば大丈夫です。

 

薬をちゃんと飲んで、日記をつけて、核となる人に病気を理解してもらえれば大丈夫なのです。

 

まぁ双極性障害やうつ病の場合、結婚しても自分でも変な人になる時もあります。

それで、家庭内の雰囲気が悪くなることも意外に多くあります。

それはそれで慣れます。

慣れたうえで、年月が経ってくると信頼もされるようになります。

私も妻を信頼していますから安心もしています。

 

この病気だと、

付き合い立て・結婚したての時に変な感じになることがあると思いますが、そこさえグッと乗り切れば良いのです。

ただし、グッと我慢するのではなく、個性を出すこと。

個性を出して認めてくれる異性であることを確認する事

 

これが非常に大事です。

 

そういう人と結婚したいものですね。幸せになれます。



寛解して普通の人よりも深い見識の豊かな生活を!

 

この回で話しています結婚について、人間味の成熟が双極性障害やうつ病の寛解の過程で身についてくると話しました。

 

恋愛だけでなく、仕事としての行動や思考・哲学的な物事の複数の側面を見る力・自由な思考回路など寛解を通してかなりのレベルアップができてきます。

これが双極性障害やうつ病という、心の中でストイックに自分と戦ったキツイ病気を治していく途中で得られるボーナスです。

 

自問自答なんて、高僧が山の中にこもらないとできないと言われていたことを雑踏の中で日常的に行えるのですから、すごい悟りを開いているのです。

 

病気の最初は、非常に辛いです。

私は10年は辛かったです。

たまたま東日本大震災でテンションの反転が起こって寛解へ向かいました。

バタフライエフェクトのような脳の瞬間瞬間の組み換えがありました。

英語で言う「アハ体験」です。 ←※変な読み方ですがちゃんとした用語です。

 

一旦寛解の方へ進みだすとドンドンほおっておいても回復へ進んでいきます

そして、恋愛力だけでなく多くの力を得ることができます。

急に良い方向に切り替わる病ですから、もしかしたら明日切り替わるかもしれません。

 

期待せずに、毎日淡々と楽しまずに、あきらめずに過ごしていきましょうね。

イイこともいっぱいありますから。

 

そのほかの私の双極性障害体験・対処法すべての一覧はこちら



タイトルとURLをコピーしました