双極性障害解決法:久しぶりに「大うつ状態」になりかけているが耐えている秘策 波がある双極性障害

スポンサーリンク
大うつ状態を回避した私に方法を聞いてくる美少女 ★双極性障害-体験談
大うつ状態を回避した私に方法を聞いてくる美少女

 

こんにちわ。

双極性障害でフルタイムで仕事をしている吉川です。

 

双極性障害とは、躁とうつの波を順番に体験するのですが、

基本的にはその波の高さが低ければ低いほど標準だという事が言えます。

 

逆にその波が高かった時は精神的ダメージと物理的ダメージが大きくなります。

今まさに、大うつ状態へなりそうな気配がしています。

間近に大うつの気配がするのです!きっかけはありません。

あるとすれば、禁煙40日目という事。

 

しかし、大うつにはまだなっていません。瀬戸際で押し返しています。

どうやって私が大うつを瀬戸際で跳ね返していられるかをお伝えします。

 

その他、私の多数の体験談は↓こちらから全て見れます。

私の双極性障害体験談-すべての一覧




スポンサーリンク

考えうる大うつ状態に転換するきっかけとは

 

大うつ状態に転換する一番大きなきっかけの代表例は躁転した後だと思います。

躁転は自分でも自分のコントロールが効かない状態で精神的にも物理的にも大きな損害を出してしまいます。

その罪悪感から大うつになってしまうのだと思います。

私はそうでした。

まずは、躁転完了してしまう前に躁転の気配がしたら力づくで抑え込むしかありません。

私は、前回力づくで躁転の直前で抑え込みました。

その時の躁転体験談です↓

SOU6‐ 躁な体験~双極性障害の私が今「躁転」しかかっている!グラグラする!今を実況する!
双極性障害の患者である私が久々に躁転の危機のど真ん中に居ます。今の危険さをリポートしながら、ギリギリでどうやって防いでいるのか、躁転の瞬間はどういう状況なのかを出来るだけ実況してみます。少しでも同じ経験の人の助けになるよう。辛いです。

躁転は行動を起こしてしまうために問題が残ります。

逆に大うつ状態は行動はしないので、周りには大きな問題は起こしません。

それが悪くはない部分です。

 

丘の上で夜空を見上げる私

丘の上で夜空を見上げる私

 

次に大うつになるきっかけとして、虚無感だと思います。

私の今がその状態ですが、

何にも目標が無くて、何となく人と同等の幸せがあり、だからつまらなく、何を努力すればいいかわからない。

ミドルクライシスなのかもしれません・・・(涙)

禁煙をしてタバコとサヨナラしたのも虚無感につながっているだと思います。

禁煙はしてよかった事しかありませんがね。精神的にはつながっていたのでしょう。

 

この虚無感とは各年代で同じようにあります。

何もミドルクライシスだけではないのです。

私が20代の時はまだハラスメントが無い時代だったので、職場でパワハラを受けていました。暴力も暴言もです。

頑張っても上司に良かったものを吸い上げられてしまって、虚無感でした。

その分、若かったので人生の時間もたくさん残っていたので夢だけで生きていました。

まぁその時に、うつ病を発症したのですがね。

 

私が30代の時は離婚を経験してダメージを大きく受けました。

持ち家を手放し、職をいったん失うなどの虚無感がありました。

ここで双極性障害だと診断されました。

 

日暮れの湖の前に立つ男性の後ろ姿

日暮れの湖の前に立つ男性の後ろ姿

 

先日、50代の先輩とランチを食べに行った時に「40代に戻れたらいいのに!」

と言っていました。

 

もう一人の私
もう一人の私

40代も結構若くはないんじゃない!?

 

まぁ私も30歳に戻りたいと思いますが、大学生の時は30歳はかなりのオジサンだと思っていましたし、この感覚は変わらないのかもしれません。

だから、私も今から何か熱中できるものを探してハマることができれば虚無感から脱出できるのはわかっています。

始めるのにいつが遅いとは特にないからです。

でも、「何も見つからない⇒焦る」の繰り返し。

 

以上が大うつになるきっかけの80%を占める「躁転後」「虚無感」でした。

じゃあ、私は虚無感の中、どうやって大うつ状態になるのを食い止めているのでしょうか?

焦る男性

焦る男性

病人であることを認識すると楽になる

 

病人であることを認識すると虚無感は薄れます。病人であることを受け入れるのです。

むしろ虚無であることが必要であるとさえ思えます。

 

今、まさに治療中なのですから無理に熱中するものを見つけたり、仕事を頑張ったり、人々と楽しく触れ合う必要は無いのです。

双極性障害を寛解させ限りなく健常者になれば、自然とやりたいことが見つかるはずです。

 

もう一人の私
もう一人の私

で、私は病人なんだから努力することを辞めました!

 

休日は必要最低限の時間起きているだけで、あとは寝ています。

本当に寝ています。布団に16時間は入っています。

本当に何にもしません。

精神疾患の治療法で最も有効であることが何もしないで、心配もしないで休ませる事だという事は皆知っていると思います。

でも焦って、努力したり、本を読んで勉強したり、病気を隠して友達と遊んだりします。私もそうでした。

でも、結局病気が治ることを遅らせているだけで実はもったいないのです。

 

私は開き直って寝まくりの休日でかなり良くなりましたし、今の虚無感での大うつとの戦いでも大量睡眠で撃破できます。

何度も大うつは襲ってきますが、ちょっとづつ波は小さくなっていき安定してきます。

 

もう一人の私
もう一人の私

休みまくる事は、なんも悪くないよ!いい事なんだよね!

 

良く寝る私の別の記事↓

双極性障害解決法:精神疾患の私は、睡眠時間が以上に長い。24時間寝る時がある。
双極性障害・うつ病の私の趣味はローンぐスリーパー。24時間以上寝ることがあります。一見無駄な時間の使い方でしょうが、病気の回復には私的には非常に役に立っています。たの方法でも病気の回復に必要な時間の使い方があると思います。それを紹介します。

 

寝れない時は、私はCSの契約をしているので、映画を見続けます。

録画だと1.5倍速で音声が聞き取れるのでとても便利です。

2時間の映画が1時間半で見れてしまいます!

映画が良いですね。

テレビは良くはないです。ファンタジーの世界に逃げるのが一番です。

 

もう一人の私
もう一人の私

現実逃避は体にも脳にも精神にも良い意味あると思います。

 

映画を見ていると映画の世界に入り込んでしまいます。

そういう風に映画は演出しているので、一度入り込めば、余計な雑念は浮かばなくなります。

これは心を自由にさせてあげている時間を作っているのだと思うのです。

心の疲れを取るという意味では睡眠と同様です。

あっという間に2~3本見ると眠くなります。そして眠ります。

夜はなんと言っても我々の最強の武器「睡眠導入剤ハルシオン・マイスリー」があるので眠れてしまいますしね。

 

病人なので、この休日の過ごし方が最適だと思います。

ちなみに平日はやっぱり平日なので普通の人と一緒です・・・だから休日が大切です。

タンクトップ姿で寝る外国人女性

タンクトップ姿で寝る外国人女性

大うつ状態にならずに戦うことのまとめ

 

病人である私は早く治さないといけません。

でも双極性障害の場合、普通の人と変わらないように見えますし、社会も認知が低いです。

だから通常の病気のように何か月も自宅療養や入院ができません。

平日はフルタイムで私は働いています。

 

もう一人の私
もう一人の私

病人なのに週5日フルタイムで働いて病気が治るでしょうか?

 

でも、働かなくては生きていけません。

どこで回復させ、治療を進めるかは休日しかないのです。

休日に遊んでしまう事もイイことかもしれません。本心から楽しい事なら大賛成です。

しかし、無理やりやっている事は出来るだけ減らし、その時間を休めることに費やした方が良いと思います。

 

最後に、一言。

映画を見まくることは最高ですよ!

知識とアイデアがどんどん入ってきます。

適当に録画しているので、好き嫌い関係なく見れるのはかなり刺激的です。

 

自分自身にあった休暇の治療時間の使い方を見つけることが、

趣味を見つける事よりも大切なことかもしれません。

早く、健康になって楽しく笑って生きてみたいですね。

 

その他、私の多数の体験談は↓こちらから全て見れます。

私の双極性障害体験談-すべての一覧




タイトルとURLをコピーしました