双極性障害解決法:充実していないのはお金を使っていないからなのか-双極性障害

スポンサーリンク
★双極性障害-対処法
心の隙間を埋めたいが浪費を恐れるあまり、正しい消費もできなくなる男性

 

こんにちわ。

双極性障害の吉川です。

 

最近充実していないなと思ってしまいます。

仕事も忙しくて楽しいし、飲みのお誘いもいただきます。

ですが、心が何か埋まらない感じなのです。

 

よく考えてみたら「物欲」が満たされていないのですね

私の場合は。

 

ただ、でも、双極性障害の私は物欲の欲にコントロールされてしまうと、

多大な浪費をしかねない危険性をはらんでいます。

 

きっと私と同じく「物欲」を「お金を消費」して心の隙間を埋めたい人が居るかもしれません。

 

よく考察してみたら、それらは抜本的な解決策ではないのかもしれません。

今回は私が物欲を無くして、心の隙間を埋めた対処法をつづります。

 

その他、私の多数の体験談は↓こちらから全て見れます。

私の双極性障害体験談-すべての一覧

お買い物中毒な外国人女性

お買い物中毒な外国人女性

スポンサーリンク

本当に必要なものを欲しがるのは正しい感情

 

普通に人として生活するのに必要なものは欲して正しい感情だと思います。

食料が欲しいとか、生活消耗品が欲しいとかは当たり前なので除外ます。

 

私は、会社で着るカーディガンが欲しかったのですが、ずっと我慢していました。

浪費かなって思ったからです。

でも、何日たっても欲しい感情は薄れることなく続いてついに買ってしまいました。

 

なんでも言い訳ではなく、キチンとした物であってほしい気持ちもありましたので、

ラコステを買いました。

20000円なので、普通のカーディガンよりはかなり高い金額だと思います。

 

でも、買った後の着心地や来ているシルエットがとてもよくて全く後悔していません。

むしろ20000円が妥当なんだなと思いました。

 

何が言いたいかと言うと、

このような消費によって心の隙間を埋めるのは正しい行動だという事です。

むしろ買ってからの生活に潤いが出るのですからこれは必要な治療工程なのだと思います。

 

服屋で服を選ぶ外国人女性

服屋で服を選ぶ外国人女性

 

ところが、躁状態での浪費は根拠も説明も後々できません。

・私などは、車のバンパーを交換したり・・・・何のために?

・ブランドのお店で色違いの同じシャツを買ったり・・・着ていない。

・100円ショップで10000円使って見たり・・・300円のも買ってます。

 

意味が無いんです。躁状態の買い物は。

 

これは後から後悔します。書いていながら後悔しています。私。

 

双極性障害だから浪費が怖いから何でもかんでも消費を辞めるのは違うと思います。

本当に必要で、心が喜ぶ買い物であればそれは行うべきです。

うつ病の本にはよく載っていますが、買い物をすると気持ちが晴れるとあります。

 

コートが5着あるのにコートを買うのは浪費です。

 

そんなことは置いておいて、アウトレットモールや銀座を気持ちよく悠々歩いて、

必要な素敵なものを買う、そして使い身に付ける。

これはとても重要な治療だと思います。

 

もし、正しい消費なのかわからないときは時間を置く、もしくは相談する事をお勧めします。

大体の場合、相談しても健常者は双極性障害者の気持ちを理解できていないので止めると思いますので、数日から一週間程度本当に欲しいか寝かせるのが良いのかもしれませんね。



物欲を満たしても実は変わらない・埋まらない

 

正しい消費ではない場合、ただお金を使いたくて使った場合は何も生まれません。

むしろ罪悪感の念が湧いてきます。

ようは、心が埋まらないのです。

 

何が欲しいかわからない状況として、

買うか、買わないか、の二択でせまられたら「買わない」を選ぶべきです。

 

一人暮らしなら一日中眠っていた方が誰にも迷惑が掛からず治療が進みます。

家族と住んでいると寝ても居られないと思うので図書館や車で静かなところに行くべきです。

 

この方が十分に心の隙間が埋まります。

無駄遣いをすると隙間が広がると思うのがイイでしょうね。

私は1000万円くらいむだづかいしたのでなかなかのレベルだと思います。

ここ2年は無駄遣いをしていません。

 

本を読みながら居眠りする女性

本を読みながら居眠りする女性

 

また消費したい心の隙間を埋めるのには空想の力でも解決できる可能性があります。

空想慣れしている人とそうでない人が居ると思いますが、簡単です。

 

①消費した後にどういう気持ちになるのかを空想する。

②消費したい気持ちを忘れるくらい楽しい空想をする。

 

このどちらかです。

①は浪費を抑えるために必要な練習になりますよね。

②は簡単に言うとDVDを借りてみるとか小説を読むとか、

気合で矛先を変える方法です。

 

まずは無駄遣いをしないために、正しい物欲なのかを吟味してみる事が大切です。



埋まらない部分は自分を高めると埋まる

 

心が埋まらないのは実は、「自分を高めていない事によるもの」が原因だと思います。

 

一生懸命に自分を高める行動をしていればうつ病からも脱出できますし、

双極性障害の人の波も穏やかになります。

 

例えば、いつかやろうと思っていた勉強をしてみるのもイイでしょう。

今まで持っていなかった知識が入ってくる感覚は新鮮で満たされます。

十分に心の隙間を埋めることができます。

 

また、筋トレをするのもいいかもしれません。

昔本で読んだのですが、マッスルな人は精神疾患になりにくい。

マッスルになると精神疾患が改善される。こんな事が書いてありました。

最初は結果が出ませんが、徐々に引き締まっていく体をみて満たされない人はいないでしょう。

 

友達を作ってみるというのも有効だと思います。

なぜなら友人は自分が知らない知識を持っているからです。

その知らない部分の知識が隙間を埋めてくれると思います。

1人とだけあっている人と1000人とあっている人とでは知識差は凄いものがあります。

もちろん質の問題もありますが、十分に心の隙間を埋めるでしょう。

 

どうせ消費するなら旅っていうのも定番でしょうね。

私は一人でアメリカに10日間行ったことがあります。

最高に興奮して、いまだにすべての記憶が濃密に呼び戻せます。

これはその瞬間も、その後の人生でも心の隙間を埋めるのに十分でしょう。

出来れば日本の文化から離れられれば、遠い方が良いです。

韓国とか台湾とか中国に言ってもあまり変化がありません。

欧米や東南アジアに行くことが正しい行動だと思います。

カルチャーショックは起爆剤間違いなしです!



充実していないのはお金を使っていないからなのかまとめ

 

生活と趣味が密接に絡み合う中で使われるツールがお金である事。

そしてお金が社会の中心である事、そして増やすことが大変である事を考えると、

非常に難しい線引きが必要となる項目だと思います。

 

人に対してでも、自分に対してでも役に立つのであればいいんじゃない?

これが欲しかった理由は・・・・だよ。と説明できる。

と言うのが簡単にいう私の規準です。

 

一度きりの人生だから我慢だけして終わるのはもったいない。

でも失敗はしたくない。

スポーツでも仕事でもそれは同じこと。

だったら楽しまなきゃ損だよね。

正しい行動探しゲームを楽しんで一生懸命一緒にやってみましょう!

 

そのほかの私の双極性障害体験・対処法すべての一覧はこちら



タイトルとURLをコピーしました