双極性障害解決法:症状体験談:めまい・吐き気編 同様の人が見たら安心できると良いな

スポンサーリンク
双極性障害の症状を聞きたがる男性会社員 ★双極性障害-体験談
双極性障害の症状を聞きたがる男性会社員

 

こんにちわ。

双極性障害でフルタイムで働いている吉川です。

 

今回は単純に、

普通の生活していて双極性障害や薬の副作用?が辛い体験談

をお伝えしたいともいます。

 

私だけが、こんな症状になってるのかな?

 

と、不安になっている人がもし私と一致していれば少しは安心できるのかなと思います。

私自身も身体的な変化で不具合がありつつ工夫して頑張っています。

 

では、些細な私生活のちょっとした不都合の体験談をお伝えします。

 

その他、私の多数の体験談は↓こちらから全て見れます。

私の双極性障害体験談-すべての一覧

スポンサーリンク

意識が一瞬途切れるような「めまい」

 

私の場合、1秒の半分ほど意識が飛ぶ時があります。

フッっとカクっとします。

が、時間が短いので倒れないで踏ん張れます。

 

うお!今、一瞬意識飛んだよ!

 

これは、双極性障害と診断された時から不定期に来ます。

リーマスの影響もあるのだと思います。

 

不定期と言っても、体が万全な健康体の時は比較的少なく、

寝不足や高ストレス時の時の多く怒ります。

 

腰が抜けたようにスッと来るので、大事には至りませんが嫌です。

 

これは、座っているときは起きません。

歩いているときなど、立っている時のみ私はおこります。

車を運転するので、そこはギリギリありがたかったと思います。

 

睡眠不足が続いた日、精神的に滅入っている時、

または人に害を与えられている時が私の発症の瞬間です。

分かってはいますが、どうすることもできません。

 

何とか意識を保って仕事を続けるようにします。

結構疲れるんですよね。意識をしっかり保つって・・・(汗)

 

ただ頻繁になる時は、ちょっと辛いです。

頻繁になると、めまいもグルグル回ってきます。

車に酔ったようなめまいです。

めまいにもだえるサラリーマン人形

めまいにもだえるサラリーマン人形

目が回りすぎて吐き気、不安が不安を呼んで吐き気

 

目が回りすぎて私は吐き気になる時が、

「異常に多い」です。

 

会社でデスクから急に立ってトイレに向かう時、

ストレスと緊張が強い時は厳しいです。

 

廊下で止まりこんで吐き気が静まるのを待つ時がありますが、

そんなのではおさまらない事を知っていますのでトイレに直行します。

大体、吐きながらトイレに入っています。

口からはこぼれないようにしますが、急いでいくのがほとんどですね。

 

トイレに向かう途中で吐き気は最高潮になります。

トイレで吐くことはだいたい週に2回はあります。

 

また、

会社から帰る時は歩きだすという事+安心するという事で、

ほぼ100%吐き気がします。

だいたい毎日帰宅道で吐いています。

 

吐きすぎて顔中に内出血がしてそばかすのようになる時がありますが、

翌朝にはキレイになくなっているので助かります。

 

この吐き気は双極性障害が影響しているのかわかりません。

実はうつ病を発症した15年くらい前からあるのです。

辛いですが、慣れてしまっていて、今は吐くことに抵抗が無くなってしまいました(笑い)

公園のベンチで落ち込む男性

公園のベンチで落ち込む男性

私の「めまい」と「吐き気」の対処法

 

めまい場合、本当に辛い時は、会社でも休憩をもらいます。

一旦、ストレスの現況から離れることを心がけています。

 

もしかしたら、パソコン酔いしているのかもしれませんしね。

 

深呼吸は比較的簡単に出来るとネット上では書いていますが、

私は深呼吸をしても吐き気やめまいは解決しませんでした。

 

私的な意外な対処法としては、

炭酸入り飲料を飲むという方法があります。

 

吐き気が強い時は、果糖の炭酸を飲むと口も雰囲気が変わって良くなります。

フレーバーが良いのか、糖が良いのかわかりませんが回復します。

会社に自動販売機で炭酸飲料が無いので、買い置きして冷蔵庫で冷やしています。

 

めまいが強い時は、無糖の炭酸を飲むようにしています。

これはめまいに無糖が良いというわけでは無く、果糖だけ飲んでいたら糖の取りすぎなので、

無糖を選んでいるというだけです。

また、無糖の炭酸水は会社の自動販売機で売っているので助かります。

 

炭酸水を飲むようになったのは10年くらい前からで、

当時うつ病で倒れて休職し、復職したての頃でした。

私にあっていたので10年くらい続けています。

 

また炭酸水に限らず飲み物を飲むというのはどうやら良いようです。

吹き出るラムネ

吹き出るラムネ

「のどの渇き」が凄いというのが吐き気につながる

 

のどが渇くと吐き気がすることに私は気づきました。

またブラックコーヒーなどの酸味も吐き気とめまいに私はつながりました。

 

その為、

私は毎日乳酸菌飲料を1本会社に持って行っています。

一日かけてゆっくり飲んでいきます。

口の中が寂しくなったとき、のどの渇きを感じたときに飲んでいます。

 

また、便秘な時に吐き気がひどいと私自身の統計でありましたので、

乳酸菌飲料を飲んでお通じも良くなれば一石二鳥かなと思っています。

 

実際のところ、体感としては上手くいっています。

 

つまり、私は乳酸菌飲料と炭酸水を合わせて1日2本~3本飲んでいる計算です。

20日通勤して、4000円~6000円です。

私は近所のドラックストアとネット箱買いで1本100円未満で買っています。

 

悪くない投資だと思います。

スッキリする炭酸水もほとんどが無糖のを飲んでいますし、

乳酸菌飲料で腸内フローラで合わせ技一本です。

 

吐き気からめまいが来るときはコレで私はOKです。

 

めまいから吐き気が来る人は私同様に一旦デスクを離れましょう。

恐らくめまいから吐き気が来る事は少ない%だと思います。

 

大体は吐き気が先に来ると思うので、飲み物で解決するのが最適と思います。

ちょっとした事が双極性障害の人には辛い

 

これらの、めまいや吐き気、口の渇きなどちょっとしたことが、

私たち双極性障害の人には辛い症状になります。

 

健康な人からは絶対にわかってもらえないと思いますが、

肝心な時に目まいがして聞き逃したり、

吐き気がして会議に出れなかったり、

何でできなんだと言われる前に、何で私はできないんだと言いたくなります。

 

マジメで正確に仕事をしたい私たちにとって苦痛であって、

信用を失ったような悲しみになるのもこういう些細な瞬間だったりします。

 

本人が悩む事は成長のため、治療のために必要かもしれません。

 

が、

 

本来必要とするのは周りの健常者が病人に対してケアできていないという事です。

 

だからこそ同じ病人の私は言いたいこととして、

病人は今以上に頑張る必要は無くて、十分頑張っているのだという事です。

 

私は、家族や会社に病気をカミングアウトしています。

しかし、家族も会社も健常者なので本当に必要なケアはしてくれません。

(私の家族は頑張って気を使ってくれています)

と言うか、聞いてくれれば必要なケアを伝えるのに。です。

 

双極性障害の人の口から助けてくださいと家族や会社に言えるわけがありません。

だから病気になったのだと気づいてほしいのです。

 

もし仕事をしているのなら私のように会社を休む勇気を出すべきです。

私は結構休みを取っています。

月に2日ほど有給休暇を取っていますので(笑)

誰も気にしないですしね。

 

今後は社会も含めて私たち双極性障害やうつ病などの精神疾患の人が、

社会に対して柔和に対応しあえる仕組みを考えていきたいものですね。

 

その他、私の多数の体験談は↓こちらから全て見れます。

私の双極性障害体験談-すべての一覧

タイトルとURLをコピーしました