双極性障害解決法:双極性障害だけど朝頑張って起きたが、家を出るのが辛い人の会社への到着の仕方

スポンサーリンク
朝会社に行くのが辛いよ ★双極性障害-対処法
朝会社に行くのが辛いよ

 

こんにちわ。

双極性障害の吉川です。

 

前回の記事で双極性障害やうつ病で朝起きられない私の起きる方法を書きました。

簡単に言うとオートメーション化して思考停止で玄関まで行くというものでした。

併せて読んでいただくと理解が深まります。

双極性障害解決法:双極性障害・うつ病だと朝がつらい。特に会社に行くのが辛い時の簡単対策
双極性障害やうつ病だと朝起きて家を出るのがとても辛いと思います。私もそうでした。私は朝に完全なルーティンを作ってみました。これによって朝の辛さを改善したのです。人それぞれ朝のルーティンのメニューは違いますが根本は一緒です。思考停止にするのです。ここではその内容を紹介します。

 

今回は、玄関を出てから会社の自分の席に着くまでの私の方法を紹介します。

 

ハッキリ言って会社に何か行きたくありません。

このような病気になったのも会社の人間関係を狂わせた人のせいですし、

休んで生活ができるのであれば、休んでいたいです。

 

しかし、会社に行かない事には給料がもらえませんので、

割り切って会社に「ただ行きましょう」

エスカレーター

エスカレーター

スポンサーリンク

行くだけでいい

ハッキリ言いますが、会社には何か頑張りに行くことはありません

行くだけでいいのです。

行って、自分の席に座りさえすれば1日は達成です。

 

頑張って働いて見える人達も、頑張っているふりをしているだけで、

実は頑張ってなんかいません。

私たちと違ってそういう人々は、頑張っているふりをしていても、

罪悪感が無いだけで、私たちが罪悪感を感じる必要はまったくありません。

 

何もする気が無いのに会社にさえ行けば、最低限やることが出てきます。

それをこなしているだけで充分なのです。

それで会社は大いに回ります。

 

だから、考えすぎず会社に行くだけでいいのです。

 

たまに、というか私の周りにもいますが、嫌な人・・・

これは別の記事で書いていますので、一度「ワンパンチ」するといいと思います。

双極性障害解決法:双極性障害で悩んだり、人間関係で悩んだり。会社を辞める・離婚する・自殺するくらいなら、”一発かます”事くらいやったほうがイイ理由
双極性障害の病状が良くならない・病気によって人間関係が辛いなど、多くの悩みを抱えるのがこの病気です。時には、全てをリセットしたいと思うことあります。私もそうでした。でも、リセットする勇気・覚悟があるのなら最後に一発かましてください。やる価値があります。



通勤は同じ道で同じことをしながら向かう

私の場合、症状が重いので下の方法を取りました。

 

同じ道を通って会社に行く

これはルーティンという意味合いもありますが、思考停止をする必要があるためにやっています

道を選ぶことや、改札の場所を変える事、電車の乗る車両を変えることは、

自分に対して選択肢と決定権を与えることになります。

これは大変ストレスです。

思考を停止させるためには、考えなくてもできるようにならなければなりません。

毎日同じ道を同じ通路で進んでください。

つまらない朝通勤と思うと思いますが、これはこれで定点観察のようで面白い事もあります。

 

混むところを通るくらいなら遠回りでも込まない道を選ぶ

混む道や信号の多い道を通ると、どうしても時間にバラつきが出てきます。

私はそうですが、信号待ちが多すぎるとイライラします。

混んでいて信号が2度待つことがあるとイライラします。

これも感情の停止を考えるとマイナスです。

私の場合、少し遠回りでもマイペースで自分自身によってコントロールできる道を探しました。

急がば回れとはこういう意味だったのかと感動したのを覚えています。

毎朝、安定した自身のコントロールできる時間で通勤できる喜びがありました。

かなりプラスです。

少しでも工夫すると格段に良くなると思います。

 

決まったお店に行き、決まったものを買う

決まったコンビニに寄って、決まったコーヒーを買い、決まった公園のベンチで休んでから、

会社に向かうということを5年も続けています。

これは心の健康効果を感じます。

ルーティンを作ることが目的ですから、コーヒーを飲むとスイッチが自動で変わるようになりました。

公園の風景にも安心感があります。

雨が降ると公園が使えないので、安い喫茶店や雨に関係ないベンチなどある人でしたら、

自分なりの場所を見つけることをお勧めします。

車の中もお勧めですが、外の空気を吸うことも重要ですので窓を開けてみるのもいいと思います。

晴れた日の街路樹

晴れた日の街路樹

通勤途中は何も考えない

これも前回の朝起きる方法で紹介したことと重複しますが、何も考えない工夫をしてください。

双極性障害解決法:双極性障害・うつ病だと朝がつらい。特に会社に行くのが辛い時の簡単対策
双極性障害やうつ病だと朝起きて家を出るのがとても辛いと思います。私もそうでした。私は朝に完全なルーティンを作ってみました。これによって朝の辛さを改善したのです。人それぞれ朝のルーティンのメニューは違いますが根本は一緒です。思考停止にするのです。ここではその内容を紹介します。

考えて得することは1つもありませんので。

未来の想像は数多ある未来の1つであって、起きる可能性は低いのです。

そんな稀有な未来を思って心配することがあまり意味を持たないと思います。

 

現実的なタスクを頭の中でシミュレーションすることは良いと思います。

が、

現在、双極性障害やうつ病の人が頑張って会社に向かっているときに、

未来の事を考えるとネガティブな思考に陥りやすいのは経験済みですので、

何も考えないのが安全安心だと私は思います。

 

音楽を聴くことが一番簡単で、選択することもないのでお勧めです。

音楽を聴くことで思考の一部は音楽に持っていかれるので深い思考ができなくなります。

そして、テンションが上がることもあるので音楽は良いと思います。

カフェのサラリーマン

カフェのサラリーマン

会社に着いた、もうすぐでゴールだ

会社の前に近づきました。

もうすぐゴールです。

ゴールは自席に座ることです。

1日はそれで完了です。

では、会社前から自席までの方法をお伝えします。

 

ココこそ、

ハイスピードで何も考えず、筋肉の動きだけを意識して、

一気に廊下を通り過ぎ、マッハで席に座る!

 

考える余地もない、一気に終わらせます。

一日の疲労の半分がここに使われてもイイのです!

 

コツは1つ。

何も考えないで、一気に座る。

これだけです。

 

幸い私の会社はエレベーター以外にも階段があるので、

私はいつも階段です。待つとイライラしますし、自分でコントロールできないからです。

いやな人に会うのも嫌だったからです。

 

エレベーターしかない人なら、朝の人が来る前の時間に行ってしまうのも手です。

以外に誰もいない会社は清々しくて良いものです。

いかにポイズンピープルが空気を汚しているのかがわかります。

 

とにかく、一気にここは終わらせてください。

一気に階段をのぼる

一気に階段をのぼる

後はパソコンをつけて、机の整頓をすれば成功です

自分の席に着くことができたのならば、もうゴールです。

後は余韻に浸ってパソコンの電源を入れて、机の上の整頓をするだけでOKです。

 

よく頑張りました。

夕焼けで手をつなぐ

夕焼けで手をつなぐ

会社に行くのが辛い時の解決法まとめ

ここでも「思考停止」することが何よりも大事です。

 

基本的なことは自動化できるように、簡単にしておくことを心がけてください

通勤のルートや買うものなど決めておくのです。

私のお昼ご飯は5年間同じです!

生きていられますから、大丈夫です。

 

私もしっくりくるルートを見つけるのに複数ルートを経験しました。

1回で見つかるとは言えませんが、楽しんで見つけると楽しい発見もあるかもしれません。

おいしいトーストのお店にであるかもしれませんし、

好みの異性がいるお店を見つけるかもしれません。

 

一日に幸せな時間や、安心する空間を見つける作業の一環ですから、

より充実した人生のためにプチ探索をしてみてはいかがでしょうか。

 

そのほかの私の双極性障害体験・対処法すべての一覧はこちら



タイトルとURLをコピーしました